2017年8月6日日曜日

久しぶりのシーバス!潮の動かないいつもの浜で夕練

8/3、またまたいつもの浜に来てしまいました。


上げの潮で魚は入っているか?



今日は中潮、10:46干潮、潮位65㎝から、19:30満潮、潮位141㎝ですが、タイドグラフ上では17時ごろに潮位が上がり切ったのち、ほとんど潮位が変わらない、つまり、潮が動かないような日です。


午後の上げ潮に乗って、魚が川の上流の方に入ってくるのでは?と推測し、また潮位が高止まることもあって、先日初めて訪れた武庫川に行こうと思っていましたが、現地に着いてみると駐車場が満杯。


おまけに、今日は折り畳み自転車を積んでいないので、離れた駐車場を探す訳にもいきません。


という訳で、急きょいつもの浜に行くことにした次第。





武庫川周辺をうろうろしたため、いつもの浜に到着したころにはすでに潮は全く動かない時間帯でした。


しかし、北東からの強い風が吹いていて、その風向き故かまたもや水質はクリア気味。


どうも夏パターンぽくないですな。


しかし、風で波立つ水面をじっくり眺めていると、ところどころに怪しい波紋が。


どうやらイナッコの群れが、岸近くから約100m沖合あたりまで広く散らばっているようです。



ルアーが無い?けどとりあえず釣査開始!



今日は本当は武庫川に行くつもりだったので、いつもこの浜に来るときに持ってくるルアーケースは家に置いてきてしまいました。


そのため、いざ釣りしようと思ったら、意外と使えるルアーが少ない!しまったなぁ~


というわけで、選択肢はあまりありませんでしたが、まだ日も高いので小粒、キラキラ、かつ浅いレンジがよかろうと、まずはシュナイダー13で始めてみます。




北東からの風で、海面はかなり波立ち、おそらく潮汐とは関係ない流れの筋が発生していますので、ウェーディングポイントへは向かわず、暫くオカッパリで東の浜辺、目立つ流れの変化を攻めてみます。


潮位はすでに満潮に近いくらい高いため、岸近くのブレイクを浜辺に沿った角度のキャストで狙ってから、徐々に扇状に沖合も探り、反応なければ移動するといった釣りを繰り返します。


すると、普段あまり釣りしない浜中央部付近で何やらアタリ!


残念ながらコレはファイト中にバラシてしまったので、しつこく同じコースを探っているとまたもやコツンとアタリ!


ジュバババっと水面に魚が躍り出ます!ヤッタ!シーバスだ!


しかし、今度はエラ洗い中にバレてしまいました。


気を取り直して再び岸近くのコースを、ショートピッチのジャークで探っていると、カツンと小さめのアタリ!


今度はエラ洗いに耐えることができ、上がってきたのはセイゴクラスのお魚でした。

サイズは40㎝いかないチェイゴさん。しかし、ばらさずキャッチできたのは7月頭から実に一か月ぶりということで、非常にウレシイ一匹です。


8月は例年、雨後河川でもない限りなかなか湾奥でシーバスに出会えないため、今年はもしかしたら無理かな~と思っていましたが、何とか小さいながら1匹獲ることができました。


これで、「毎月シーバス1匹」という年初目標は、8月まで何とか連続達成中です。

リリース後の様子。元気に帰っていきました。


バラシは続く



以前の釣行でも感じた通り、やはり食いは渋いものの、この時期でもイナッコの群れについたシーバスがうろうろしているのは間違いありません。


このサイズが単品で居るはずもないので、コレはチャンスだろうとシュナイダー13のカラーローテーションをしながら、辺りを繰り返し探ります。


すると、今度は少し沖合の流れの筋手前でまたまたヒット!


アワセてから暫く引張っこしましたが、残念ながら途中で見事なエラ洗いをされて、一発でルアーを吹き飛ばされてしまいました。


さらにもう一匹、やはりエラ洗いでバラシてしまいます。

最近オカッパリの方が調子イイ?


いずれも手応えからすると、大したサイズではなさそう。


この時期、魚の食いが浅いというのもあるのでしょうが、かなりバラシの確率が高いですね。


それは、食ってくる魚のサイズが小さいという理由もあるでしょう。


30㎝以下のシーバスってのはあまり釣れないのでわかりませんが、今日食ってきているような40㎝クラスのシーバスが、一番バレやすいお年頃ではないかと思います。


おまけにベイトのまだ小さい夏シーズン、かつオープンエリアのデイゲームということで、必然的にヒットルアーは小さめバイブレーションが多く、フックサイズは#10とか#8の小粒サイズ。


さらにハイスピードでアクションつけながらの釣りが大半。


サイズ以外にも、バレやすい条件がとことん揃っていますね。



ウェーディングは不発



その後は探りながら徐々にウェーディングポイントに向かって西側に移動します。


途中、かなり強い引きの魚を掛け、結構長い時間ファイトしましたが、波打ち際3mくらいまで寄せてきて魚体が見えるかと思った瞬間にすっぽ抜け!


ギリギリ魚体を目視確認することができませんでしたが、明らかにチヌキビレ系の引きだったので、かなり大型のチヌだったかもしれません。コレは非常に残念!


さんざんファイトして場所も荒らしただろうと、その後はウェーディングに切り替えて釣りを続けましたが、なぜか今回もウェーディングは不発。


既に暗い時間になっているのに、ミノーやシンペン等スローに使えるルアーをほとんど持ってきていなかったため、数種類のバイブレーションだけしか使えないのがよくなかったのかもしれません。


結局その後数十分の間、ウェーディングを続けましたが、キビレらしい掛けバラシが一回あっただけで、シーバスからのコンタクトは得られないまま、エイが怖くなってさっさと納竿としてしまいました。


やはり潮位が高い夜間のお一人ウェーディングは、なんとなく気持ち悪いですな。



難しい8月でもチャンスはある?



というわけで、今日はバラシてばかりで結局チーバス一匹という釣果で終わってしまいましたが、8月頭のこの時期でも、湾奥シャローでシーバスを釣るチャンスは充分あるということがわかりました。


気象条件、潮汐、あるいはその両方が、たまたま良かっただけかもしれませんが、なんとなく再現性ある釣りができるのではないかと思っています。


また日を変えて、調査してみたいと思います。


大自然よ、今日もありがとう。




【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/’13エクスセンスLB C3000HGM
ライン:よつあみ/G-Soul X8 UpgradePE #1.0


0 件のコメント:

コメントを投稿