2017年8月5日土曜日

ルアーについて ジャンプライズ チャタビー52のインプレ

今回ご紹介するのはジャンプライズのチャタビー52、小型軽量のバイブレーションです。


チャタビー52。実はワタクシジャンプライズ製品を購入するのは初めてです。
塗装が結構強いとの噂ですが、どうなんでしょう。

どんなルアー?


全長52mm、重量10gのスモールバイブレーションです。

製品パッケージ裏面の説明文を引用してみましょう。

破損知らずのABSワンピースボディー設計、プラスチック強化ホログラム&特殊強化塗装採用。
鋼の鎧を纏った52mmがデビュー!#7~#10のフックサイズの調整によりアクションを自在に調整する事が可能。強波動を求めるのであれば#10。アクションを控えたいのであれば#7。
50mmクラス最高レベルの飛距離とチャタビーアクションを武器にデイゲームを攻略を大きく進化させる! 
(チャタビー52製品パッケージより)


このルアーはフックレスで販売されています。昨今のフック代は馬鹿にならないので、好みのフックをつけられるこのシステムは結構いいと思います。適合フックは#7~#10とのこと。ちなみにワタクシは、STX38の#8をつけて使っていました。


キャストフィール


小型軽量のソリッドバイブレーションですが、キャストフィールは悪くありません。


軽量ながらワタクシの愛用するMLクラスのロッドでも、さほど風の影響を受けずに気持ちよく飛ばすことができます。


軽量級故に、飛距離は劇的に飛ぶという訳ではありませんが、同クラスのバイブレーションの中ではまあまあ飛ぶ方だと思います。



アクションとレンジ


パッケージ裏面の説明では、アクションはハイピッチバイブ&スライド、レンジは80㎝~5mと書かれています。


レンジに関しては、ワタクシは水深80㎝以下のところでも普通に使えていました。


また、5mってのも、この重量のバイブでは結構細糸でないとしんどいかな?


まあ、バイブレーションなので使い方次第。適合レンジはさほど気にする必要はないと思います。


アクションの方は説明通り、ハイピッチでタイト目なバイブレーションを発生します。


特徴的なのが、そのバイブアクションの中で時折発生するふらつき。コレをスライドと表現しているのでしょうか?


ソリッド構造のバイブレーションですが、なんとなく重心位置が高いような気がするので、このボディ内のウェイト分布のせいで、時折ふらつきが生じるのだと思います。


このふらつきが実にイイ感じ。


単調な攻め方が多くなりがちなスモールバイブですが、このアクション特性はシーバス相手でもチヌ相手でも非常に有効ではないかと思います。


また、ピッチの細かいアクションで引き抵抗は小さめで軽快そのもの。


流れのある中で使うと、リフト&フォール等を混ぜると、先のふらつきアクションと相まって、まるでフカセ釣りをしているかのようなふわふわしたアクションを容易に出すことができます。


結構、アクションに関してはバイブレーションの中では個性的な部類に入ると思います。



どんなシーンで有効か?


そのフォルム、サイズから、やはり活躍するのは小型ベイトの多くなる春から夏場のシーズンではないでしょうか。


小型バイブレーションなので飛距離等の限界はありますが、適合するフィールドは選ばない汎用性があると思います。


余談ですが、ワタクシはいつも行く釣り場が激浅シャローなので、結構ハードにボトムノックのある状況で使用しましたが、噂通り塗装は抜群に強いようで、同時期に使い始めた他社バイブレーションに比べて、ヘッドやボディ部分の塗装はげが極端に少ないです。


鉄板も含め、常々バイブレーションの塗装はげには悩まされてきたので、コレは非常にウレシイ性能だと思います。


話が横道にそれましたが、このルアー、単純にストレートリトリーブで使っても良いし、軽いジャークやリフト&フォール、先に述べたふらつきアクション等を交えれば、結構攻め方の幅も広がると思います。


どちらかというと、サーチよりも食わせに強いバイブレーションだというのが、使ってみての感想です。


やはりアクションに独特の持ち味のあるルアーなので、他バイブレーションとのローテーションに組み込んでみる価値は充分にアリ。


ご興味ある方は、是非手に取ってみてほしいルアーです。






0 件のコメント:

コメントを投稿