2017年6月16日金曜日

まだ祭りは開催中だったのか!いつもの浜上げ潮ナイトゲーム

6/14、またまたいつもの浜に来てしまいました。


今日も、最近ハマっているミノーでのプラッギングゲームの修行のつもりで、ルアーケース内をいつもとちょっと違うメンバーにしてウェーディング。


干潮16:01、潮位39㎝から、満潮23:00、潮位142㎝の上げの潮を狙います。


まだ明るい18時台、川を挟んだ対岸にも釣り人の姿が見えます。


時折海鳥が水面にダイブしているので、何かしらベイトが近くにいるに違いない。


19時ごろでもまだまだ明るい。




あれこれ試すプラッギングが面白くて止まらない


今日も、iBorn78Fで広くサーチ、たまにKomomoSF-85を交えますが、反応がありません。


そこで、ちょっといつもより小さいルアーで探ってみようと、暫く使ってなかったKomomoⅡ65を投げてみます。


このルアー、本当はスローで使うのがセオリーなんでしょうが、ファストで引くとブリブリとアピール力高い泳ぎをしてくれるので、個人的には早巻きもアリと思っています。


小粒シルエットだけどアピール力ある泳ぎってことで、イナッコなど食べてるシーバスには効くんじゃないか?


こいつを、先日魚をばらした時と同じコース、海底がワンド状のゴロタ帯になっているその沖に落として、早巻きしてくると、ぐぐっとキマシタ!


またまた40にも満たないチェイゴさんです。2匹釣ったら合計70アップ位か?


やはりこの流れの中にいたか!もしかしたら、このポイントは今の潮位でセイゴ達のたまり場になるのかもしれません。


こんな小さめサイズですが、きっと群れでいるはず。もう一匹釣れるかも?と思い、引き続きKomomoⅡ65、iBorn78F、KomomoSF-85とローテーションしながら投げますが、反応が途絶えました。


ちょっと薄暗くなってきたら、色目とアクションを変えてみるのがよかろうと、ここでコレまた数年ぶり、チャートカラーのアストレイア99SRを登場させます。


このルアー、ミディアム~スローで引くと、タイトなウォブル幅のウォブンロールでフルフルと食わせのアクションをしてくれる。


コレをミディアムスピードでリトリーブしてくると・・・またまたぐぐっとキマシタ!


サイズは大きくないですが、慎重に寄せて、リーダーを手にしたところでまさかのポロリ!やってしまいました。


バチ情報?


ここで、ちょっと休憩していると、対岸にいらした釣り人が川を渡ってこちら側にいらっしゃいました。


ご挨拶すると、なんと、ワタクシのブログを読んでくださっている方でした。


あまりこの浜には来られたことがないらしいですが、今日は対岸側でバチを目撃されたとのこと。しかも、クルクルでなく長いヤツ!


そういえば、先日もバチ目撃談を伺ったばかり。この時期になってもまだ抜けてるんですね~。


その後暫く釣りの話に夢中になって、その方がブログとか書かれてないか伺うのを失念してしまいました・・・いつもうっかり忘れてしまいます・・・


海の様子がおかしい


さてその後、再び入水してゲーム再開。


すっかり暗くなったので、様子見でシンペン、トライデント90Sのナイトスペシャル(コレまた廃番カラーです)を投げます。


すると、何やらアタリ!乗りませんでしたが、何かいる!


しつこくトライデントを投げます。


どうも、風の向きと潮の流れが反対方向のようで、風は西から強く吹いていて見た目は西からの流れに見えますが、リトリーブコースは徐々に西よりになります。ややこしい。


またまたアタリがありましたが、コレも乗りませんでした。


それでもしつこくトライデントを流していると、遠投した先の流れの筋の手前で、くくっと小さなアタリ!


すかさずアワセて、今度は乗りました。結構な重量感。ヤッタ!


フッキングの手ごたえは充分あったので、しっかり掛かっているはず!バレるスキを与えないよう、今度はごり巻きファイトで寄せてきて、一気に浅瀬にずりあげます。


そしてライトで照らしてみると・・・


なんと、ボテボテのボラやんではないか・・・しかもトライデントをがっつり喰ってるし・・・


重量感あるはずだ・・・


先週位から、ボラやんがルアーを食ってくることがなかったので、てっきりシーバスだとばかり思っていました(泣)。



やはり祭りは開催中なのか


しかし先ほどからどうも海の様子がおかしい。


ボラが多数シャローに押し寄せて、結構激しくライズしています。


魚の群れが結構岸近かったので、ポイントを潰さないようライト点灯しての目視確認はできませんでしたが、コレは、間違いありません、「バチ抜けあるある」の状況です。


なるほどボラやんがシンペンに襲い掛かるのも理解できます。


その後は、掛けてもボラばかりなのでいやになってきて、こんな時こそあえて攻め方を変えてみようと、お腹がグローに光るチャートカラーのアストレイア99SRを投げてみます。


しかし、数投目でぐぐっと地球にフッキング!引っ張るとあっさりぷちっと切れてしまいました。


リーダーがスパッと切れていたので、どうやら岩に掛かって、フジツボか何かに擦れたようです。


これにて失意のうち納竿としました。また救出作戦を立てねば・・・


ところで、いつもの浜では、例年ワタクシは2月2週目くらいから捜索を開始して、早い年には2月、3月にバチを目撃しますが、このバチ、我々が及び知らないほど多数の種類がいるそうです。


当然それだけ種類がいれば、その産卵時期(=バチ抜け時期?)もいろいろなのでしょう。


今日はバチの姿を直接見ることはできませんでしたが、上げ潮の最中だったので数が少なかっただけかもしれません。あるいは満潮直後くらいなら、もっと数がいたのかも。


それにしても今の時期、6月中旬になってもまだ抜けているヤツが居るとは知りませんでした。ちょっと勉強になりました。


いつまでお祭りが開催されているのか、引き続き調査したいと思います。


ボラやん祭りにならなければ良いですが・・・


とりあえず、祭りの前にプラッギングで小さいながら魚を出すことができたので、今日も思った通りの満足いく釣りができました。


そろそろ大き目サイズも釣ってみたいところですが、贅沢言ってはいけません。


大自然よ、今日もありがとう。




【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/'13エクスセンスLB C3000HGM
ライン:よつあみ/G-Soul X8 UpgradePE #1.2 (25Lbs)


【ヒットルアー】



2 件のコメント:

  1. ウマンチョ2017年6月16日 19:37

    まじですか?バチ抜け期間長っ。

    先日は巨大青エイ退治、ご苦労様でした。
    大変でしたね。故意か過失かわからんビニールシート廃棄。

    週の頭、某砂浜でBBQコンロが捨てられてました。
    遊歩道にはレジ袋のゴミもわんさか。
    これは絶対故意でしょ!
    どうにかならんもんですかね……。


    最近良い感じで釣ってますねー。
    ミノーにトップ、かなり難しそうですが…。
    サイズの事はあまり……、釣れてない人もいてますんで…(泣)(笑)


    先週、自作スピンテール3号が完成(過去最高の出来)、チーバス君を連れてきてくれました。いや思い込みでした。
    棒が一本足りない…、チバス君でした(驚)
    小さいとはいえブリの幼魚、ドラグこそ鳴りませんが走り回ります。
    外道ではありますが、自作のルアーで釣れると非常に楽しい。2匹ゲットしました。

    最近は色んな小型青物君達に遊ばれてシーバスはキャッチ出来てませんが、ピックアップ間際のヒットはあり顔は見れてます(だからハマる?)
    ホント厄介な魚。そう思いません??(色目使ってくるのに誘ったら断る……、みたいなー��)






    返信削除
    返信
    1. ウマンチョさん、コメントありがとうございます。
      そーなんですよ、ワタクシ自身も後日この目でバチ、目撃しました。6月中旬なのにまだお祭りやってるんですね~。
      自作ルアー好調なようですね。素晴らしい!そういえば、ツバス、最近アツイらしいですね。私も行ってみたいのですが、やっぱり結局いつもの浜に来てしまうので、なかなか青物がいるような釣り場に行けません・・・

      削除