2017年6月5日月曜日

装備品について ウェーディングネットをあれこれ選んで、買ってみました!

先日のエイとの格闘にて、これまで使っていたゴールデンミーンのキャプチャーネットが折れてしまいました。もったいない。


普段ワタクシ、ランディングはフィッシュグリップ派で、あまりネットを持ち歩くことはありません。


なぜなら、いつもの浜のシャローで釣りをすることが殆どなので、足場の高さでランディングやリリースに困ることがまずないこと、また、普段1匹か2匹釣ったら満足して納竿としてしまうことが殆どだから、手返しとかは度外視。釣れたらグリップでランディングするスタイルで特に不満がなかったからです。





しかし、バチ抜け時期のように、ぽんぽんと連続して魚が釣れたりする状況では、やはりランディングネットは欲しい。


というわけで、新しいランディングネット、それもウェーディング専用(波止用の長いのは持っているので)を探すことにしました。


ゴールデンミーンのキャプチャーネットは、軽量、取り回しやすいコンパクトなサイズ感(網は42㎝×36.5㎝)で、ランカーが来たらどうすんのよ?って感じではありますが、ウェーディングに持っていくには最高のネットでした。(どうせランカー来ないし。)



なので、今回も同じの買うっぺかと、カタログを見ていると、どうやら最新版のキャプチャーネットⅣは、従来のラバー網から、ラバーコーディング網に変更されていたようです。


このラバーコートネット、軽量で悪くはないんですが、以前シーバスを取り込んだ時に、鱗が剥げて網にくっついていたことがあり、(使い方が悪かっただけかもしれませんが、)個人的にはあまり魚体保護の観点であまり印象が良くない。


なので、「ラバーネット」に拘って、別のネットを探すことにしました。


通販サイトと実店舗を巡って、捜索開始。


ゴールデンミーンは比較的お手頃な商品が多くていい。ラバーネットならコレか?と思ったけど、実店舗で見たらワタクシの好みよりちょっと大きい。普通のシーバス釣るには安心感があっていいかな?と思いましたが、見送り・・・

昌栄のこのネットもお手軽な価格だった。サイズも良さげ。でももうちょっとライトな感じがいいかなぁと、やめときました。
メーカーは知らないですが、密林で見つけたもの。フレームのサイズ感はいい感じ。でも、やはりシャフトが気になる。

スミスでもいいのがあった。ただやっぱり、ウェーディングならここまで柄の長さはいらないかなぁということで、見送り。


というわけで、探し始めたのがショートグリップタイプ。



腰とかに気軽にぶら下げておいて、魚を取り込むときにぱっと使える取り回し良さそうなのがいいです。


最初に見つけたのがコレ。密林に画像がありますが、かっこいいし雰囲気抜群。お値段も意外と手ごろ。


さらにかっこいいのがコレ、雰囲気はトラウト用みたいだが、コルクグリップがずばり好みで有力候補に。

PROXでもいいサイズのがあった。実店舗でも触ってみたが、ガタもなくグリップも効いてラケットのように振り回しやすいし手軽。値段も安いしサイズも複数あっていいのだけど、赤か青かのカラーリングがおじさん好みではなかったので却下・・・
もう一つPROXから。これも、赤か青のカラーリングはおじさん好みではないが、上のラケットみたいな見た目よりははるかにイイ!。サイズはキャプチャーネットより若干小さいですが、シーバスでも頭突っ込んでランディングはできそう。値段はハードプラグ1個分程度の驚きの価格!


という訳で、大人の事情(予算)を鑑みて、密林で激安だったPROXの最下段のネットに決めました。(5/27時点では送料税込み1696円でした。)



結局一番安かったコレにしました。色違いの全く同じ商品が、某釣具店でダイワのロゴ入り、カラビナ付きで売ってたけど、PROXがOEM供給しているのかなぁ?お値段は税別2700円くらいしてました(笑)


早速届いたので、海辺にもっていきました。


まだ魚は掬っていないですが、持ってブンブン振り回してみたところ、フレームは思ったよりしっかりしていて、グリップのEVAは柔らかいけれども持ちやすく取り回しも良さそう。


釣り上げてしまったナルトビエイのリリースで頭を持ち上げるのにも使いましたが、折れませんでした。意外としっかりしたつくりです。


70㎝位までのシーバスなら、頭から突っ込めば充分何とか掬えるでしょう(笑)


背中にしょってうろうろしましたが、まあ重さは全く気にならないです。


ちなみに、ぱっとネットを取り外せるよう、こんなのも買っちゃいました。
594円(5/27時点)と激安ですが、意外と便利。


マグネット式でなく、バックルでリリースするリリーサーです。




ゴムネットは耐久性に不安を感じそうですが、以前使っていたGMのものもなんだかんだ言って3年以上経過して全く問題なしだったので、きっとこれも長持ちしてくれるはず。


お値段はお手頃ですが、クオリティは決して悪くはなさそうです。


あえて気になった点を挙げると、アルミフレームとグリップの接合部のクリアランスが若干広く、多少のガタつきを感じるところです。


しかしまあ、致命的な問題ではないのでいいかな、という感じです。


これで、ウェーディング時の取り込みはばっちりのはずだ。あとは魚が掛かってくれるか。


ウェーディング時のランディングをスムースに行えて、かつ魚体を傷つけにくいお手軽ラバーネット、もしお持ちでない方は、是非検討されてみてはいかがでしょうか?




0 件のコメント:

コメントを投稿