2017年5月31日水曜日

久しぶり!中潮上げのいつもの浜でプラッギングゲーム

5/30、ちょっと早い時間から、またまたいつもの浜に来てしまいました。


すると、平日なのに、珍しい!ポイントに先行者の方が。


ちょっとご挨拶して、邪魔にならないよう離れたところに入らせていただきますが、既に魚を釣られたとのこと。ウラヤマシイ~。



上げ始めで弱いですが、流れは一応出てきている様子。


しかし、ひざ下でも海底が見えないくらいの緑色の濁りです。


今日はまだ明るい時間で、小魚がうろうろしているようなので、個人的な苦手克服のためにもミノー中心のプラッギングゲームをするつもり。


2017年5月30日火曜日

ルアーについて ima iBorn98F Shallow のインプレ

今回のルアーはimaのiBorn 98F Shallow(アイボーン98Fシャロー)。


アイマの2大巨頭のルアー、コモモとサスケに並び、新たにフラッグシップモデルとされたルアーです。


発売されたのは結構前、2015年9月ですが、非常に興味あったので、発売直後に通販で買ってました。


今更ですが、ちょこっとインプレです。

フォルムとサイズはばっちりおっさん好みです。しかしimaのルアー、相変わらず綺麗な仕上げですね。



2017年5月29日月曜日

釣りは控えめ?日曜日午後、大潮干潮のいつもの浜偵察

5/27の夜、夕食を終えてから、なぜか海がワタクシを呼んでいるかのような気がして、急いで準備していつもの浜に来てしまいました。


昼間はアツいのに、なぜか北風が吹き非常に寒かった。


北からの風のせいか、水質はクリア。


慌てていたのか普段かならず持っていく予備の防寒ウェアを忘れて、せっかく釣り場についたのに集中力は途切れがち。


結局2時間ほどで、何も得られぬままに撤退を余儀なくされました。


行きにお二人、帰りにお一人のチヌ狙いの方がいらっしゃいましたが、みなさん調子はイマイチとのことでした。


さて日付が変わって28日、子供たちをまんまといつもの浜に誘い出すことに成功し、昼間にもまたまた来てしまいました。


日差しは強いが風が気持ちいい浜辺。今日もたくさんの人でにぎわっていました。
いい加減駐車場の回数券買おうかと考えている今日この頃。


2017年5月28日日曜日

フックについて DECOY(カツイチ) トレブルフックY-F33F のインプレ

今年の新作フック、デコイのY-F33F

先日たまたま釣具店で見つけたので、お試しで買ってみました。

税別540円で8本入りはなかなか安い。




2017年5月27日土曜日

フィッシュグリップの使い方、それでいいの?いつもの浜デイ&ナイトウェーディング

5/25、昼間に時間がとれたので、またまたいつもの浜に釣りに来てしまいました。

今日は12:39干潮、潮位5㎝から、19:08満潮、潮位166㎝、その後翌00:52干潮、潮位74㎝という大潮の潮回りで、デイゲームでは干潮からの下げを、そしてあわよくばナイトもやってしまおうかという算段。


ちょこっと海中掃除?


やはりこの時期、昼間の潮の動きが大きく、到着した13時ごろはいつもの浜でもかなり海底が露出しています。


実はこの時間に来たのにはほかの狙いもあって、過去に根掛かりロストしたルアーも回収してやろうという次第。


ワタクシ根掛かりロストは大嫌い。普段から太目のラインを使うなど、配慮はしているつもりですが、それでも切れた場合は、根掛かったおおよその位置を覚えておいて、こういう機会があるときに可能な限り取りに行くのです。


前日初めてこの浜にもアカエイが生息することを知ったワタクシ、濁り潮の中恐る恐る海中を移動しながら捜索すると、予想通り出てきました。


2017年5月26日金曜日

危険生物の襲来!バチシー求めて大潮のいつもの浜ナイトウェーディング

5/24夜、またバチ抜けシーンに遭遇出来のではないかと期待し、またまたいつもの浜にやってきました。


18:23満潮、潮位155㎝から、翌00:10干潮、潮位71㎝の、下げ潮の時間帯を狙います。


さてどうか。


最速でフック交換可能?コレは名品!スミス スプリットリングオープナー

皆さんはルアーのフック交換は何を使ってされていますか?


もしかしたら、普段使いのプライヤーでされている方もいらっしゃるかもしれませんが、スプリットリングオープナーは、意外とこまごま専用品も出ており種類豊富です。


そんな専用品の中でも、今回ご紹介したいのはスミスのスプリットリングオープナー


もうかれこれ出会って7年間くらい使っています。あまりにも使用感が素晴らしいので、その間に2本目も買ってしまいました。


2017年5月25日木曜日

スナップの新定番となるか?ダイワ D-Snap ライトタイプ のインプレ

今年は2度、愛用していたスナップが開いて、ルアーをロストする事件が発生。


これまで10年近く愛用してきたのは、エバーグリーンのEGワイドスナップ#1。


大型ルアーを使う時期にはたまに#2も使いますが、ほとんどワタクシは通年これでやっていて、暗闇のナイトウェーディングでも明かりをつけずにルアー交換できるくらい、コレに慣れてしまっています。



2017年5月24日水曜日

ルアーについて コアマン VJ-16 バイブレーションジグヘッド のインプレ

今回ご紹介するのはコアマンのVJ-16


2015年秋に発売されてからだいぶ経過したルアーですが、ワタクシこのルアー、発売直後に買っておきながら、今年に入るまで使ったことがありませんでした。
(理由は昨年あまり釣りに行けなかったから。)

先日の釣行でキビレ、シーバスと立て続けに釣れて、最近特に気に入って使っているので、いまさらインプレを書いてみようと思った次第です。


どんなルアー?


ぱっと見、外見は、フラットフィッシュ狙いのトリプルフック付きジグヘッドと似た感じでしょうか。

VJ-16。魚の頭のような形の鉛製ジグヘッドに、テール側に伸びたガイドアイがついており、トリプルフックが2本セットされています。


2017年5月23日火曜日

ルアーについて アイマ リバーフロウズ72 のインプレ

今回ご紹介するのはima(アムズデザイン)の鉄板バイブレーション、リバーフロウズ72です。



どんなルアー?


メーカー説明文を引用してみましょう。

河川に最適化された軽量鉄板バイブ 
金属的な水切り波動を持つ鉄板バイブが、日中の河川で狙うシーバスに効く事は以前から感じていた。しかし流速の速いエリアでは引き抵抗が重く、暴れてしまい、使い切れない事が多かった。そこで河川に最適化された鉄板バ
イブを開発することとなった。
流れの中で暴れず、軽快な使用感を求めた結果出来あがったのが、この「リバーフロウズ72」。


2017年5月22日月曜日

釣りの現場で便利なハサミ!オフト スプリットリングPEシザース

今回ご紹介するのはワタクシ愛用のハサミ、オフトのスプリットリングPEシザースです。


スプリットリングオープナーとPEラインカッターが一体化した製品。
こういうマルチなツールは、それぞれの機能性が中途半端になりがちですが、この商品はどちらの機能も


このハサミ、見ての通りハサミ型をしていますが、先端がスプリットリングオープナーにもなっている、便利ばさみ。


なんといっても、釣り場でパッと取り出せて、いざというときにフック交換や、ちょっとした針外しとしても使えるマルチな才能が魅力です。



2017年5月21日日曜日

西宮ケーソンでシーバス炸裂!のはずだったが、なぜか結局いつもの浜釣査に

5/19、金曜の夜、久々にスマホでフィッシングMAX釣果情報アプリを開いてみてみると、なんと私がいつもの浜で苦戦している間に、世間の人は堤防でイワシに狂ったシーバスを連発しているではないか!

バチシーってのも気になるが、なぜか直近日付の釣果は大阪南部で現場が遠い・・・


しかもどうやら釣果は明け方に集中しているらしい。


確かに、タイドグラフを見ていると、ここ最近の潮回りはよくないが、明け方は潮も多少は動く時間帯。うむむむ・・・


と、考え込むこと数秒、ワタクシも行ってみようということになりました。



コリャ凄い!手動膨張式、ポーチ型ライフジャケットを買ってみました!

個人的に最近、人生で一番釣りに行っているか?というくらい、釣行回数が増えています。

しかし、行く場所はいつもの浜ばかり。

ウェーディングでシャローの釣りが大好きで、かつ思い入れある気に入った場所なので、どうしても「釣り」となるとここに足が向いてしまいます。

昔は西宮ケーソンや南芦屋浜にもよく釣りに行ってましたが、ここ数年全く行かなくなってしまいました。

しかし、最近は西宮界隈にもイワシが回ってきて、結構釣れているという話も耳にします。

たまには知らない釣り場にも行ってみたいのですが、地元民でもないワタクシ、いつものごついライフジャケットを着てあてもなく知らない場所をうろうろするのは若干しんどい。

もうちょっとお気軽装備でランガンできないものかと考えて、膨張式のライフジャケットを買おうと考えました。



2017年5月20日土曜日

やはりイマイチだった!小潮回りいつもの浜調査

5/18、またまた夜にいつもの浜に来てしまいました。

17:59干潮、潮位55㎝~翌03:02満潮、潮位127㎝で、上げの潮を狙います。

最近ワンパターン化していますが、潮回りが悪く夜間の潮位変動が少ない今週のような日でも、もしかしたら上げ潮でチャンスがあるかも?と思って出撃した次第です。


釣り人はなぜか多かった


駐車場を出るときにお若いシーバサーに会いました。跳ね橋の方で昼からやられてたそうですが、状況はいまいちとのこと。

そりゃこんな潮ではそうですよね。


2017年5月19日金曜日

ルアーについて DUO マニックフィッシュ88のインプレ

今回取り上げるのはDUOのマニックフィッシュ88

マニックフィッシュ88といえば、私にとっては数々のメモリアルフィッシュを連れてきてくれた大変信頼しているルアーで、隠し玉的な存在。

5月末には、兄貴分のマニックフィッシュ99が発売になるそうですね。いまからとても待ち遠しいです。

以前、このブログでも記事にしたことがあるルアーですが、インプレは書いたことが無いため、改めて書いてみようと思います。

マニックフィッシュ88。最上段は、過去に数々の大物を連れてきてくれたお気に入りカラーですが、どうも廃盤カラーのようです。根掛かりしないよう気をつけねば・・・




2017年5月18日木曜日

ルアーについて ダミキジャパン まめさん55のインプレ

今回ご紹介するのはダミキジャパンのまめさん55と70。

個人的に最もよく使うメタルバイブの一つです。


よく釣れて、よく使うルアーなので、複数個ストックしています。


どんなルアー?


まめさん55は全長55mm、自重12gの小型鉄板バイブレーションです。

鉄板には珍しくずんぐり丸みを帯びた形で、ダブルフックを1本または2本装着した55Wと、トリプルフック2本を装着した55Tの2種類あります。


2017年5月17日水曜日

意外なヒット!中潮最終日上げ潮いつもの浜調査

5/16、またまたいつもの浜に来てしまいました。


今日は中潮、16:22干潮、潮位38㎝から23:35満潮、潮位126㎝の、上げ潮の時間帯を狙います。


いつものポイントについてみると、夏至が近づくにつれて日も長くなったのでしょう、19時過ぎでもあたりは薄ら明るいです。


表層のちボトム狙い


開始後暫くは表層から探ろうと、エンヴィー125MAXを投げてみますが、ラインが直線で戻ってきます。


海面は全く流れ無しの鏡面仕上げで、雰囲気はまったくありませんので、表層の釣りは断念。


沖の深みにいる(はず?の)魚を狙って、半ばヤケクソ気味に、普段使わないルアー、コアマンのVJ-16をキャストします。


細かいけれども必需品?スピニングリールの宿命と戦うアイテム!

皆さんはスピニングリール派でしょうか?それともベイトリール派でしょうか?

ワタクシはもちろんスピニング派。

昔はAbuも多数使っていましたが、ここ10年以上、実釣では使っていません。


さてこのスピニングリールを使っていて、昔から大いに不満なのが「糸ヨレ」!


構造上、キャストやリトリーブを繰り返す釣りでは、どうしてもラインによれが溜まってしまうのはスピニングリールの宿命といえます。(あ、クローズドフェイスリールもか。)


2017年5月16日火曜日

【5/16更新】今週も密林偵察!割引率高くお買い得なタックル、ルアー

またまた密林偵察ネタです。



今回の偵察日は5月16日なので、記載しているのはその時点の価格、在庫数です。

在庫状況により価格は変動するため、本文とリンク表示価格に違いが生じる場合がありますが、ご了承ください。


ロッド


今週の目玉は、シマノ商品で、AR-C Type VRとNessa、エクスセンスといった、カタログJANコード横に*マークの付く商品で大幅割引があったこと。

(「*マーク」の意味は、過去のこの記事で書いています。)


春から初夏の釣り用アウターに!携帯性高く便利なホグロフス シールドジャケット

季節は5月中旬、今年は非常に気温が高く、日中はすでに日焼け対策が必要なくらいです。

しかし、海での釣りとなると、日差しや暑さ対策だけでは不十分。


海上で吹く風は、長時間になると意外とコタえるものです。


ウェーディングで下半身を水につけている状況では、意外と体温は奪われます。


さらにこれに風が加わると、風速1mにつき体感温度は1度下がります。


そのため、私は初夏の時期でも、天候の変化に耐えられるよう、必ず予備の防寒アイテムを携行して釣りをしています。


2017年5月15日月曜日

ルアーについて ダイワ モアザン レイジースリム88S のインプレ

今回はダイワのモアザン レイジースリム88Sをご紹介したいと思います。




どんなルアー?



全長88mm、9グラム。

「ダウンフォースヘッド」と呼ばれる、斜めにカットしたかのようなヘッド形状が特徴の、細身、小型のシンキングペンシルです。



2017年5月14日日曜日

完全防水、最強の釣りバッグ?パタゴニア ストームフロントスリングを買ってみました

先日、ついに長年あこがれていたパタゴニアの防水バッグ、ストームフロント・スリングを買ってしまいました。


このバッグ、以前、「耐水性が重要!雨中での釣りにお勧めなタックルバッグ6選」って記事で紹介した完全防水のバッグです。


メインの気室は完全防水の「TIZIP」ジッパーを採用していて、すべてのシーム(縫い目)はシーリングされており、TPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)コーティング、DWR(耐久性撥水)加工済みのこの製品は、ジッパーを閉めれば空気も漏れない気密性。


豪雨の中でも中身はドライに保てるので、安心して釣りをすることができます。


雨はすでに止んでいましたが、ちょこっと試しに雨後河川のリバーシーバス調査に持って行ってみました。



2017年5月13日土曜日

やはり今夜も居た!満月大潮最終日、いつもの浜バチ抜け調査

5/12、早めの時間から都合がついたので、ついついまたいつもの浜に来てしまいました。

今日は干潮13:51、潮位17㎝から、20:22満潮、潮位148㎝、そして翌01:59干潮、潮位77㎝で、満潮に向けての上げの潮と、満潮からの下げの潮を狙います。

昨日と同様、今日も大潮、しかも満月。時期的にもきっとクルクルバチが抜けてくれるはず。

今日もバチ抜けに合わせてロッドはExsenceのTunedAR-C。リールは明るいうちはPE1.2号を巻いたC3000サイズの’13エクスセンスLBで、夜のバチの釣りでは、短期決戦でスピーディーな展開を求められるだろうと、PE1号を巻いたBB-XハイパーフォースコンパクトC2000にチェンジする予定です。



2017年5月12日金曜日

やはり今日だったか!月齢14.6、大潮下げのバチ抜け狂騒曲!

昨日、強風のせいでせっかくのゴールデンタイムに釣り中断を余儀なくされ、1匹釣れたもののどうも不満が残る・・・ということで、またまたしつこくいつもの浜に来てしまいました。


さすがに豊中から西宮まで、車を飛ばして週3回釣行はキツイ!


若干ヘロヘロ気味ですが、今日は事前に確認していたピンポイント天気予報で風速は2~3m、しかも月齢14.6とほぼ満月、コレは絶対何かが起きる!ということで、期待感満載でいつもの浜に向かいます。



2017年5月11日木曜日

今日は釣れるはず!大潮いつもの浜下げ潮バチ抜け調査

5/10夜、しつこくいつもの浜に来てしまいました。

今日は大潮、満潮19:08、潮位142㎝から干潮翌00:50、潮位72㎝の下げの潮。


すでにすっかり夏の潮で、昼間の時間帯の方が潮位差は大きいですが、それでも充分流れは出てくれるはずで、今日は釣れない理由は無い!

という訳で、最近ちょっと釣りに行き過ぎて疲労がたまってますが、せかせか準備してポイントに向かいます。


到着すると、南西からの風が少しきつい、また、流れもどうやら南側から手前に来る感じで、微妙にやりづらいですが、風と波気があるときはコレ!と、いつものようにエンヴィ125から探り始めます。


ルアーについて アピア パンチラインスリム90 のインプレ

今回ご紹介するのはアピアのシンキングペンシル、パンチラインスリム90です。


パンチラインスリム90。リリースされてから結構日付が経つルアーですが、恒例のスイム動画は見つけられませんでした。インプレ記事も意外と少ない模様。売れてるんでしょうか?



2017年5月9日火曜日

シーバスは不発!中潮下げいつもの浜釣行記

GWも終わった5/8、月曜ですが、GW最後の釣りが密漁漁船?に邪魔されて不満の残る釣りに終わってしまったこともあり、どうしても海が気になって、またまた夜にいつもの浜に来てしまいました。

今日は17:59、潮位125㎝から23:46、潮位71㎝への下げの時間帯、ちょっとタイドグラフの勾配が緩やかなのが気になりますが、大潮へ向かう中潮の下げの潮を狙います。



2017年5月8日月曜日

アミパターンで撃沈?いつもの浜で若潮深夜の上げ潮狙い

5/6、すでに日付も5/7に変わろうかとする時間帯に、いつもの浜にやってきました。


昼間は家族サービスなどもあり、思う時間に行けないので、ここのところコツをつかみ始めたか?と思う上げの潮を狙っての釣行。


この日は22:41干潮、潮位64㎝から、翌4:53満潮、潮位128㎝です。


ルアーについて メガバス カッター(Cutter)115のインプレ

今回インプレを書くのはメガバスのカッター(Cutter)115です。

メガバスらしいリアルな造形ときれいなカラーリングも特徴ですね。

どんなルアー?



全長119.5mm、自重18.5gのシャロー用シンペンです。


2017年5月7日日曜日

ルアーについて DUO ベイルーフ マニック 95 のインプレ

今回のインプレは、DUOのベイルーフ マニック95

これもだいぶ古いルアーですが、バチ抜けシーズンには必携のルアー。

長年使ってきましたが、このルアーについても今までインプレを書いていなかったので、今更ながら書いてみます。

ルアーとしての性格はほぼ同じ、サイズ違いのマニック115は先日インプレを書いていますので、こちらも合わせてご覧ください。


マニック95。バチ抜け時期には必ず複数カラーをボックスに入れて持っていきます。



2017年5月6日土曜日

タックルについて コンパクトLBリールをバチシーズンのシーバス釣りに!BB-XハイパーフォースC2000DHGの実釣インプレ

シマノのコンパクトレバーブレーキリールであるBB-XハイパーフォースC2000DHG

BB-Xハイパーフォースのコンパクト版、C2000DHG。レバーブレーキは社外品の赤色ストレートタイプに、ハンドルノブは’07ステラ用EVAタイプのものに交換して使ってます。


以前にもこのブログでインプレ記事を書いたことがありましたが、先日久しぶりに自宅で釣具いじりしているときに、どうしてもこのリールを使ってみたくなり、早速その日の夜、釣りにもっていきました。


結果的に短時間でシーバス3匹釣ることに成功し、釣行自体は非常に満足だったのですが、久しぶりに家で眠っていたコンパクトサイズのハイパーフォース、いつか使ってみようと思っていたバチ抜けシーズンの釣りでこのリールを使う機会ができたので、もう一度今回の釣りで感じたことを実釣インプレとして書いてみたいと思います。


ルアーについて ValleyHill(邪道) エンヴィ(Envy) 125MAX のインプレ

今日は、GWのいつもの浜でのウェーディングで釣果をもたらせてくれた邪道のルアー、Envy(エンヴィ)125MAXのインプレです。




どんなルアー?


エンヴィ125MAXは全長125mm、自重15.7g。

水面~サブサーフェースをターゲットにした細身の引き波系シンキングペンシルです。

持ってみた感じ、大きさや重さはあまり感じさせません、。

95105サイズと同様、カップのような作りのヘッド部分と、あご下のキールがデザイン上の特徴ですね。


2017年5月5日金曜日

苦手克服?小潮上げいつもの浜調査で最短ハットトリック達成!

5/4、昼間さんざん子供たちと遊んだ後、夕方に自宅で釣具いじりをしていたところ、またまた釣りに行きたくなってしまいました。

しかしこの日は小潮。昼間ほとんど潮が動かず、14:09満潮(潮位91㎝)~20:56干潮(潮位52㎝)~翌04:22満潮(潮位127㎝)という潮汐です。

苦手だけれど、行くとしたら干潮からの上げの時間帯かなぁと、夜にウェーディングゲームに行くことにしました。



2017年5月4日木曜日

釣りにもアウトドアにも!超絶お勧めなバックパック グラナイトギア ヴェイパーステルス のインプレ

今回はアウトドアギアのお話、昨年購入した、グラナイトギアのVaperStealth(ヴェイパーステルス)というバックパックについてご紹介したいと思います。


いつもの浜でウェーディングばかりしている私にとってはあまり頻度は高くないですが、この日書いた記事のように自転車釣行や長時間移動する釣りもたまにやります。


釣りといえば、ランガン用に各社からウェストバッグやスリングバッグ、ショルダーバッグまで多数出ていますが、長時間荷物を持っての移動となると、やはりらくちんで便利なのはバックパックタイプ。


料理道具一式を背負って歩くことも多い、にわかアウトドアマンの私にとっては好都合なスタイルです。


全体のシルエットはこんな感じ。前面と両サイドにはコンプレッションベルトが付き、ボトルホルダー替わりにもなるサイドポケットがあります。前面には縦開きのポケットも。


身長172㎝のおっさんが背負ってみたサイズ感はこんな感じ。容量のわりに比較的でっぱり(厚み)が少なく、すっきりフィットしてまとまった印象になります。


ルアーについて ダイワ モアザン レイジースリム110S-LV のインプレ

今回は、先日の釣具屋偵察で衝動買いしてしまったダイワのモアザン レイジースリム110S-LV(ライトバージョン)についてのインプレです。

ダイワのmorethan Lazy Slim 110S-LV。

どんなルアー?


全長110mm、自重16gの細身シンキングペンシルです。飛距離はMAX68.5m、Ave64.9mで、レイジースリム110Sの軽量化バージョンです。


グローブライドのHPを見ても、あまり詳しい説明は書いていないため、ルアーパッケージ背面の説明文を引用します。


2017年5月3日水曜日

短時間でリミットメイク!?いつもの浜小潮苦手の上げ潮調査でシーバス連発

5/2、他の方のブログやTwitterを見ていると、無性に釣りに行きたくなってきました。

しかし今日は小潮、おまけに行けそうな夕方から夜の時間帯は苦手の上げ潮です。

干潮は17:57、潮位32㎝~満潮は翌02:37、潮位125㎝、うーん、微妙。

しかし意を決して、やはりいつもの浜に来てしまいました。



上げの夕マヅメに実釣開始


19時前から釣りを始めますが、いつものウェーディングポイントには親子連れの釣り人の姿が。

どうやらうす暗くなってきても、お子さんが粘っているようです。ほほえましい光景です。


というわけで、今日はいつも釣りするポイントよりも東側にエントリします。



2017年5月2日火曜日

ルアーについて ValleyHill(邪道) Envy(エンヴィ)95 & 105 のインプレ

今回は地元関西のメーカーである邪道のルアー、Envy(エンヴィ95105のインプレです。

エンヴィ95105は、数ある引き波系ルアーの中でもひときわ個性あふれるルアーだと思います。
上の2本は兄貴分の125MAX。


どんなルアー?


エンヴィ95は全長95mm、自重8g。エンヴィ105は全長105mm、自重11.1g。

水面~サブサーフェースをターゲットにした細身の引き波系シンキングペンシルです。



ルアーについて 春の新作 アイマ シュナイダー13(ima SCHNEIDER13) のインプレ

またまた魅力的なサイズの鉄板バイブレーションが出てきました。

今回は先日釣具店で見つけて一目ぼれ、早速購入してしまった、アイマのシュナイダー(SCHNEIDER)13についてのインプレです。

imaのシュナイダー13。小粒軽量の鉄板バイブレーションです。



2017年5月1日月曜日

欲に負けてエサイチ偵察衝動買い&ポイント偵察

4月30日は朝から法事と会食で忙しかったのですが、帰宅してほっと一息ついて、釣り道具を整理していると、無性に釣りに行きたくなってしまいました。

ルアーいじりしていると釣りがしたくなってしまう。

しかしタイトグラフを見ると、若潮に向かう中潮で、15:55干潮から22:31満潮、そして翌3:58が干潮ですが、夜中の潮位差が少なく時間帯はちょっと中途半端。


ちょっと今日はやめておいた方がいいかなーと思いつつ、とりあえず家を出てしまします。



ルアーについて DUO マニック 115 のインプレ

今回インプレを書くのは、バチ抜けシーズンに欠かせないルアーの一つ、DUOのマニックシリーズの次男坊、マニック115です。

だいぶ昔に購入して長年使ってきました。これまでかなりの数の魚を連れてきてくれた思い入れの強いルアーですが、今までインプレを書くのを忘れていたので、今更ながらこのルアーについて記したいと思います。


マニック兄弟。最下段の75、その上2本が95、真ん中の3本が115、上2本が135です。