2017年1月27日金曜日

タックルについて 2017年シーバス釣りに最適なLBリール大本命とは?

フィッシングショーが開催されるこの時期にあわせて、各メーカの2017年カタログが釣具屋で買えるようになります。

秋ぐらいには無料配布になるのはわかっていますが、やはりいち早く新製品を見てみたいということで、ほぼ毎年シマノダイワのカタログは購入してしまっています。

カタログを見て、今年気になった新製品は、新しいExsenceシリーズのリールです。

Exsenceシリーズのスピニング、LB付きスピニング、ベイトともマットブラックの外観に統一され、設計も新しい世代にフルモデルチェンジしたようです。



非LBリールにはあまり興味ありませんが、Newマグナムライトロータに、X-プロテクト、ラピッドファイヤドラグ、DLCローラー、マイクロモジュールギア・・・・と、シマノのスピニングリール最新テクノロジー全部乗せ!?というくらいのフルスペックぶりです。何より、C3000MHGサイズで自重200グラムは、本当に驚きです。シマノ派で非LBリール派の方は、買いですな。

2017年1月11日水曜日

2017年極寒ウェーディング第二弾!真冬でもシーバスは釣れるか?

前回の釣行で、1月でもシーバスは釣れることがわかりました。

これに気をよくして、再度寒風吹きすさぶ中、いつもの浜にウェーディングに行ってきました。

まだこの時期でもいけるはず


前回はあたりらしき反応は2回、そのうち1回を見事ヒットにつなげることに成功しましたが、非常に小さいあたりで、掛かりどころもよくありませんでした。たまたま通りがかった魚が偶然釣れてしまっただけかもしれません。


ものの本やWebでの情報によると、一般的に、厳冬期は一定サイズのシーバスは湾奥シャローからは離れて、沖の深場に産卵のために移動するといわれています。


私のホームグラウンド周辺の魚は、友が島周辺海域の深場に行っているそうです。


しかし、本当にそうでしょうか。試してみなければわかりません。


2017年1月3日火曜日

2017新春ウェーディング&MAXセール突撃記

あけましておめでとうございます。みなさんもう初釣りは済ませられましたか?

私は1月3日早朝から、今年1年の大漁を祈願して、寒風吹きすさぶ中いつもの浜に初釣りに行ってまいりました。

この時期に湾最奥の砂浜にナイトウェーディングとは正気の沙汰とは思えませんが、元旦に南芦屋浜で90センチ台のブリが釣れ、アジとサゴシが乱舞するというフィッシングMAXの釣果情報を目にして、いてもたってもおられず我慢しきれずに出撃してしまった次第です。

初釣りの釣果はいかに?


AM3時ごろからエントリー。到着1投目でゴミ、2投目で地球を釣ってしまい、ヤフオクでやっと入手したまめさん55とお別れすることになってしまいました。これは、新年早々幸先がよすぎる(涙)。

しかし、すっかりMAX情報に踊らされた私には、吹き付ける風で立つ波の音すら、ベイトの跳ねる音に聞こえてしまいます。

最干潮の時間帯のはずですが、いい流れが出ていたので、釣れるはずと信じて(勘違いして?)シマノ トライデントの115(カタクチカラー)をゆっくりしつこく流していると・・・ばばばばん、来ました。

55センチくらい。おなかはへこんでますが、銀ぴかの綺麗な魚でした。
ちなみにいつも単独釣行の私は、実は冬場の深夜の海が怖いので、ウェーディングと言いながら入水は水深5センチまで。