2015年3月15日日曜日

2/21・28 西宮釣行記(バチ抜け調査&ワールドシャウラ2752-R2/2832-RS2釣り比べ)

雑誌では12月末から始まるといわれる東京湾のバチ抜け。


大阪湾では果たしてどうなのでしょう。


よく雑誌などでは5月が盛期といわれます。


確かに、昨年バチ抜けのタイミング?に遭遇し、写真に撮ったのは5月でした。


しかし、それはすばやい動きでクルクル廻るトリックバチの類。長年つりをしていますが、ながいヤツが泳ぐ姿は見かけたことがありません。


また、ゴカイやイソメは山ほど種類が居るはずで、それらがみな一斉同時期に産卵期を迎えるとも思えず、疑問は尽きません。


いつも12月末から3月中旬までは猪名川、それ以外はいつもの浜というように、決まった時期に、決まった場所にしか釣りに行かないから、実は自分が見たことないだけではないか?


昔の記事にも書きましたが、例年、3月にはボラを食べたちょっと大きめの魚が狙えます。


ずっとこれはひとつのパターンだと思っていましたが、実はバチ抜けを意識して群れたボラを、たまたまバチ抜けタイム後にシーバスが食べてるだけかもしれません。


というわけで、ながいバチはいつ抜け始めるのか、この目で確認しようと、今年は2月からウェーディング開始です。