2014年11月16日日曜日

タックルについて ワールドシャウラ2832RS-2 のインプレ

カーディフXを手にして以来、トラウトロッドの魅力に取りつかれ、ついに買ってしまいました、ワールドシャウラ2832RS-2

とりあえず振るだけでもと、早速、2時間だけいつもの浜に行ってみました。

到着早々ご挨拶した方から、今日は太刀魚が来ていて、シーバスはいまいちっぽいとのお話を聞きました。10年以上この浜で釣りしに来てますが、私は釣ったことがないです。こんなところにもタチウオがくるんですな。

で、実釣ですが、お気に入りの場所は多数の人がウェーディングしていて大渋滞。これではとても入れまへんなと、東よりの少し離れた場所でキャスティング開始。しかし、いつものロッドと感覚が違うので、つり始めてしばらくはろくに投げられず、ライントラブルでもたもたしてしまいます。

何人かが帰られてから、ようやくサンドバーにエントリし、RAPINOVA-Xの1.0号を巻いたスプールで実釣して見ます。



最初はぎこちなかったですが、キャストになれてくると、確かに8.3フィートの割りには非常に飛距離が出ます。コモモ125Fトライデント115Sを投げてみますが、ともに9フィート台エクスセンス同様あるいはそれ以上に飛んでいるようです。しかし、投げなれているトライデント90Sなどは、明らかにいつもの竿(FlexPerformance)の方が飛んでいます。このあたりは、竿それぞれに得意とするウエイトレンジやルアータイプがありそうなので一概に言えませんが、どうやら2832RS-2は軽めルアーより重量あるルアーの方が得意で、一方エクスセンスの方がより軽めが得意なようです。

飛距離については、私の持っているエクスセンス同様、ガイド径が大きめなのが奏功しているのかもしれません。ワーシャはイメージとしては一昔前のバスロッドのように、ガイドの数も控えめで、レギュラースローテーパーですが、投げ方はシャープにビシッと投げる方が、より竿の性能を活かせてそうです。

まあ、2-3時間ではわかりませんが、どうやら対象ルアーのウエイトがはまれば非常に飛距離が出るタイプと感じました。

感度は、硬いこともあり非常に良いです。カーディフXでもの足りなかった「金属的な張り」が感じられ、大遠投した先でのボトムタッチやベイトが触れた事ももちろんばっちりわかります。これは大満足。

結局、あたりはあったもののヒットには持ち込めず、ボーズでしたので、魚とのやり取りをしてみないとわかりませんが、ワールドシャウラ2832-RS2は、操作性、感度、キャスト性能、私はいずれも満足行くものと感じました(ネットではいろいろ酷評されている向きもありますが・・・)

あとは、実際何匹か釣ってみて、改めてインプレしてみたいと思います。


10年前くらいまではダイワ派でしたが、それ以降今日まで、シーバス用にはシマノロッドばかり、パワーやアクション違いで使ってきました。たぶん古い順に旧GAME MS87(ML相当)→旧GAME VS93(MH相当)→旧AR-C806(M相当)→旧AR-C906(M相当)→旧AR-C S1006L→旧AR-C806UL→ディアルーナS809LST→ディアルーナS900L→Exsence S902ML→Exsence S900ML→カーディフX76L→カーディフX76MLと、統一感なく使ってきましたが、最近はリバーシーバスで触れたショートロッドの魅力にはまり、これまであまり使ってこなかった8フィート台のワールドシャウラ2832RSを買ってしまいました。


ちなみに、帰りにお声がけした方から聞きましたが、最近この辺に有名な釣り人が来たそうです。こここ何年間も通っていますが、例年見たこともないくらい、いつものポイントがウェーディングの人で混み合っているので、どうにも不思議だったのですが、どうやらこれも混雑の理由のひとつかもしれません。



シマノロッドはコルクがいまいちと良く聞きますが、他社製高級ロッドも使ったことがないので、よくわかりません。ブランクスはチタンコーティング?されていてレインボーに輝き非常に高級感がありますが、ExsenceS900MLの表面処理(こちらは輝きません)によく似ています。


ワールドシャウラといえば、ステラなんでしょうが、当然そんなのもってまへんので、いつものテクニウムを装着してみます。たぶん、黒基調のエクスセンスシリーズのリールは似合いそうにありません。2832RS-2の自重は155グラムとのことで、多分グリップ周りのパーツで重さをくっているのでしょうが、持った感じはなぜかExcense2本(FlexPerformance:145グラム、TunedAR-C:144グラム)に比べて軽く感じるから不思議です。特に、ダブルハンドルのグリップエンドを持ってキャストするときは非常に軽い感じ。ちなみに、グリップはシェイプされておらず、このあたりはカーディフのモンリミの方がかっこいいし握りやすいかなと思います。デザイン的に好みはTW80MLのグリップ形状。フォア、リアとも好みどんぴしゃですが、値段が高い。

ティップは1.8mm。太いですが、使用感として強すぎな感じはしません。硬さで言うと、旧AR-Cの806を少し強くした感じですが、キャストフィールはまた別物です。また、予想していたとおり、金属的な張りと感度はかなりのもので、個人的にはこれらをロッドに望む人にとってはかなり優秀な部類とおもいます。
パワーはExsenceのMLロッドよりだいぶ強めの印象で、私の普段の釣りにはオーバーパワー気味ですが、かといってシーバスに強すぎるというほどでもないと思います。


【その他ワールドシャウラのインプレ記事】
「タックルについて シマノ ワールドシャウラ2832RSー2(その2)」
「タックルについて シマノ ワールドシャウラ ツアーエディション 2752R-5」
「タックル紹介 ロッド」
「2/21・28 西宮釣行記(バチ抜け調査&ワールドシャウラ2752-R2/2832-RS2釣り比べ)」
・「タックルについて ワールドシャウラ2752-R2の長期使用インプレ



0 件のコメント:

コメントを投稿