2013年3月6日水曜日

車について NEW BMW 1シリーズ F20 Sport

なぜか2月中旬から、昔に書いたBMW3シリーズの記事のアクセス数が急上昇。


世の中、特に最近3シリーズ関連で目新しい話題があったとも思えませんが、こんな私の書く記事でも読んでくださる方がいるのはうれしいことです。


ちなみに釣り以上に車には素人ですが、調子にのってまた別の車のちょこっとインプレ記事です。


今回の車はNEW BMW 1シリーズ120i Sport。長年の親友から借りて長時間乗りまわさせてもらったものです。


写真で見るといまいち伝わりませんが、実物はもっと精悍で塊り感のある、かっこいい車です。先代に比べて、実寸では高くなっているはずですが、よりロー&ワイドな雰囲気を醸すと同時に、ボディデザインはシャープになったような印象を受けます。
おめめがちょっとばかりでっかく感じるのは先代からかわらずか・・・?




先代E87は、事故したときに代車としてしばらく乗りましたが、NA1.6リットルエンジンの116i、どノーマル車両だったこともあり、可もなく不可もなくといった、いまいちぱっとしない印象だったようなきがします。


きっと、E87でも120iに乗っていたら違う感じ方をしたのでしょうが、116iはエンジンに取り立てて魅力を感じることもなく、全体的にとてもよくできた車で大きな欠点は感じなかったものの、たとえばVWゴルフ/AudiA3と比べて、積極的にこの車を選ぶ理由をいまいち明確に感じることができなかった、つまり、いまいち良さがわからなかったというのが正直な感想でした。


値段もグレードも違うため、そのまま比べてはいけませんが、こいつ、F20の120は、エンジン排気量こそ同じ1.6リットルながら、最近流行のターボエンジン。


結構長時間運転したにもかかわらず、ターボであることによる違和感やタイムラグは皆無で、スムースな4気筒エンジンといった感じです。


先代E87の120も、モデル後期には170馬力化されており、パワーウェイトレシオは8.3でしたが、このF20の120はほぼ互角の8.4。


当たり前ですが、スペック的には先代120iと比べるべきですな。


全体像は・・・暗くてよくわかりませんな・・・
しかし、先代に比べて、ハッチバックというよりワゴンライクなよりスマートなボディラインに近づいた気がします。


この車は大トルクに充分なパワー、車重の軽さと車体のコンパクトさも相まって、非常にきびきび、スポーティなドライビングが可能で、もちろん、FR車ならではのハンドリングのクリアさもありますが、4気筒コンパクトエンジンゆえの鼻先の軽さからか、カーブではハンドルを切った分だけノーズがすっと入っていく感覚で、ワインディングもアップダウンも意のままに爽快に操れる印象です。


おそらく先代3シリーズのLCI(後期)モデル同様、パワステはEパス化されているのでしょうが、重すぎず軽すぎず、癖のないナチュラルなハンドリングで、これまた好印象。


コンパクトカーといえば、以前運転させてもらったVWゴルフGTIも、その性能の高さに驚かされましたが、この車は(絶対的な性能はGTIが上ですが)バランスの良さに関しては、更にその上をいっていると思います。


高速、街中、郊外のちょっとしたワインディングといろんな場所を走らせましたが、単に速いというだけでなく、運転することが非常に楽しい車であることは間違いありません。


普通のCセグコンパクトカーとして普段の足としても使える気軽さや燃費効率のよさもありつつ、スポーツカーのように人者一体の走りを楽しむこともでき、最近BMWの宣伝文言としてあまり言われなくなった「駆け抜ける歓び」は確実に感じることができます。



なんとなくですが、乗れば乗るほど、良さが感じられる車のような気がします。



ファミリーカーとして考えても、過大な広さや荷室さえ求めなければ、安全に高速に長距離を移動でき、なおかつ乗り心地もよいということで、ほぼ完璧に要件を満たせそうです。



助手席側にも暫く乗りましたがとても快適でした。魚釣りの道具がどれだけ積めるかはわかりませんが、とりあえず釣り場に早く着くことはできそうです。


ゆっくり写真を撮る暇がなく、コンビニ駐車場で撮影してしまいましたので、いまいち見にくい写真ですがしかたありません。


あまりに運転が楽しかったため、内装はじめ8速ATやi-Driveナビシステム、ドライブ・モードの切り替えなど、新しい機能装備のことはすっかり忘れてしまい、なおかつ内装写真も撮り忘れてしまいましたが、とにかく走りに関しては「これが最先端コンパクトの総合力か」と驚かされた次第です。


釣り具にたとえるとリールがそうですが、新しいモデルが出るたびに、どんどん自分の持っているモデルは古臭く思えてきてしまうものですな・・・


私はお金がないので買えませんが、久々に完成度が高く操る楽しさが満載のコンパクトFR車。


運転好きには是非オススメな一台です。



注:車のインプレは人によってまちまちですので、この記事はもちろんあくまで個人の主観によるものです。

Amazon.co.jp 一般

BMWの記事はコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿