2012年12月31日月曜日

12/31 猪名川釣行記 (これがホントの釣り納め)

明け方の釣行が釣り納めだと思うとどうも納得がいかず、4歳の息子を散歩に連れて行くという名目で、再出撃してしまいました。

もはや中毒です。

散歩がてらにデイゲーム敢行


散歩というわりに、車を降りたらすぐフル装備になっちゃいます。

もちろん息子にもライフジャケットを着せます。


12/31 猪名川偵察 (釣り納め)

早朝から猪名川出撃。今年最後の釣行です。

外気温は5℃、ルアーに付いてくる水滴から、水温は低くなさそうですが、色はカフェオレ調、かつ、正面からの猛烈な風で、魚釣りという感じではなくなってしまいました。

ボラの気配すらありません。

エクスセンスLB C3000HGMLBSSのスプール+エクスセンスS900ML/RS FlexPerformanceいつもの組み合わせです。写真のルアーはヨレヨレ。


2012年12月29日土曜日

装備品について キャプテンスタッグ シームレステープ

今年は社会人生活で初めて、長期の年末年始休暇が取れそうなので、ゆっくりあれこれ道具のメンテナンスをするつもりです。


そこで、キャプテンスタッグのシームレステープというものを買ってみました。

これは、アイロンで加熱するとぴたっと貼りついて、防水性が出るというシロモノです。


何に使うかというと、もちろんウェーダーの修理。

愛用してきたパズデザインのウェーダーは非常に作りがよく、シーム周りの防水は内側からも外側からもテープで補強されていますが、それでも、2年に亘って酷使し続けると、クロロプレンのソックス部分については、それらのテープが破れたりはがれたりします。



そいつを、このテープで修理してやろうという算段。

これは、期待できそうです。



2012年12月24日月曜日

12/9-24 猪名川偵察記 (ブレスハイパー+℃)

標題の期間に複数回、猪名川を訪れました。

もちろん、狙いは鈴木さんなのですが、残念ながらボラしかつれません。

一度、魚をバラした後で、明らかにボラのものではない角の立った鱗が針についてきましたが、結局持ち主の姿を拝むことはかなわず。

昨年もシーズン最初につれたのは12月末なので、まだしばらくはアフタースポーン集団のご帰還を待つしかなさそうです。

さて、本日は購入したてのシマノの防寒下着、ブレスハイパー+℃を着て、防寒装備のチェックをかねて短時間偵察。



私が購入したのはこれの超極厚版。
 

初めて、イチマン円近くの額のインナーを購入しましたが、これはすごい。高いだけのことはある。


今朝方の戸の内近辺の気温は+0.5℃で、風はほぼなかったものの、凍てつく寒さ。


しかし、素肌にこの下着を着て、ミッドレイヤーにはユニクロのフリース、アウターにはノースフェイスのゴアXCR3層、薄手マウンテンジャケット、後はXEFOのライフジャケットのみという軽装で数時間キャストしましたが、防寒性は必要十分でした。



何より、あまりに重ね着をして肩がこるということがなくてよい。



風があったりもう少し寒くなるようなら、空気層をキープできるミドラーにすれば、よりあたたかく快適だと思います。

少し毛玉になりやすそうですが、この暖かさは、投資対効果として充分とおもいます。これは、お勧めです。





2012年12月21日金曜日

タックルについて EXSENCE LB C3000HGMと同LBSSとの比較インプレ

結局なんだかんだいって買ってしまったエクスセンスLB C3000HGM (≠LBSS)。


今年の年初に購入したLBSSは、その後半年間の酷使による巻き心地の悪化が激しく、すでに回転フィーリングもガタつき感も許容範囲をこえてしまったので、残念ながらお蔵入りとなってしまいましたが、こいつ(無印LB)はどうか。


以前のLBSSのインプレ記事の時と同じシチュエーションで写真撮影しました。
似たようなデザインですが、こちらの方が高級感があります。
値段がLBSSとテクニウムの中間ゾーンにあるのですが、やはり性能は価格に比例するのか、LBSSより上、テクニウムには及ばずといった印象です。


2012年12月7日金曜日

タックルについて シマノリールあれこれ比較

ここ10年ほどは、シマノのスピニングリールばかりを使い続けていますが、以前はダイワリール派でした。

ダイワリール時代は、古くはスポーツラインST、GS(フロントドラグ)やSS-LB(レバーブレーキ)、スピンマチックST(リアドラグ)・・・と、名前が本当にそうだったか怪しいくらい旧い話ですが、あれこれ使ってきました。

そして、磯釣り大会の入賞商品としてシマノのアルテグラをもらってからは、シマノ製品に興味を持って、ナビ、ナスキー、アルテグラ、バイオマスター・・・とお手ごろリールをあれこれ使っていました。一時、またダイワのトーナメント何とかLBDに浮気した時代もありましたが、03'ツインパワー3000PGを買って、その回転の滑らかさ、ドラグの滑り出しのよさ、ボディ剛性の強さに感動し、それ以来ずっとシマノのツインパワーシリーズばかりを買って使っていました。


2012年12月4日火曜日

晩秋から初冬の猪名川偵察

果たしてシーバスがどこまで猪名川を遡上するのか、この目で確かめるべく、夕暮れ時の猪名川を偵察してみました。

伊丹のダイヤモンドシティの近所です。

こんな美しい風景の川辺でシーバスが釣れれば、言うことありませんが、残念ながら途中にいくつも浅瀬や堰があるので、夏場の増水でもなければ果たしてここまで遡上するかどうかはわかりません。


地形変化にも富み、理想的なシャローです。