2012年3月31日土曜日

ルアーについて ベイルーフ マニックフィッシュ

だいぶ前になりますが、釣具屋で見て一目ぼれして買ってしまいました。





どうしてもどんな動きをするか見てみたかったので、猪名川でも投げてみましたが、強風のため良くわかりませんでした。

しかし、マニックは昨年のバチ抜け時期に大活躍してくれたルアーです。このマニックフィッシュは、フォルムやボリューム感から受ける印象は、マニック95よりさらによさげです。きっと今年はこいつが大活躍してくれるはず。

2012年3月29日木曜日

タックルについて Berkley POWER EXTRA (バークレイ・パワーエクストラ)0.8号を巻いてみました

先日、RAPINOVA-Xを巻いたばかりですが、うっかりライントラブルを起こしてしまい、早くも別のラインにまきかえてしまいました。

今度は、Berkley POWER EXTRA (バークレイ・パワーエクストラ)。

0.8号で16lb相当。同0.8号で、17.8lbs相当のラピノヴァX マルチゲームには負けますが、これから始まるであろうバチ抜け時にメインで使う4号リーダーと同程度の強度。充分です。

黄色は値段が安かったので、150m巻きと100m巻き2つを大人買い。

やはり、黄緑同様、黄色は好みではない。
ラインカラーの好みは、赤、白、黒、青である。
しかし、嗜好は値段差にはかなわない。

古いPEを下巻き、目測で巻き始めましたが、
巻き上がりはちょうどスプール内側エッジにぴったり納まり、満足。
このごろ、だいぶ暖かく春らしくなってきたので、いよいよ西宮に出撃する日が近づいてきました。

久しぶりにウェーディングするのが楽しみすぎます。

2012年3月24日土曜日

雨の中猪名川偵察

2/23(金)の夜遅くに仕事を終えてから、日付が変わる前にいつものポイントを偵察。

大潮の下げ6-7分のはずなのに、満潮ど真ん中?というくらい、水位が上昇中、しかも、よくわからない物体が多数浮いています。

よく見えませんが、ダダにごりでしょう。雨だから、当然か。

これでは、当分釣りは無理そうだっぺと、あきらめて家に帰りました。

2012年3月21日水曜日

底バチ?!

反省したばかりですが、すぐ忘れてまた猪名川に出撃してしまいました。

これはもはや、自覚症状ありの病気です。

今日は気分を変えて、ディアルーナS809LSTで、ショートバイトを掛けに行くつもりです。

で、案の定、コッというかすかなアタリを捉えてシャープにフッキングに・・・と思いきや、こんなのがつれました。



2012年3月20日火曜日

反省

先日の記事で、今シーズンの猪名川シーバスゲームの総括を行ったばかりですが、舌の根も乾かぬ3/18午前0時過ぎから、やはり猪名川に出撃してしまいました。

この日は夜から長潮の上げ。

長潮 は好きな潮周りですがいいのはあくまで下げ潮、上げでつれたためしはないです。

しかし、当日の深夜までの残業でつのった不満をぶちまけるがごとく、ルアーをフルキャストします。

巨大ボラ!ナゲットを口に咥えてあがってきました。



2012年3月16日金曜日

2012 今シーズン猪名川釣行 総括

2011-2012、冬季シーズンの猪名川藻川合流ポイントでのリバーシーバスも、今年はもうそろそろ終わりでしょう。

底バチとかハゼとか、難しいシーズナルパターンの釣りが苦手な私は、あとはおとなしく、春のバチ抜けシーズン到来を待つばかりです。

というわけで、今シーズンの釣行結果を総括すると、22回釣行してたったの4匹!

12/29 西宮&猪名川釣行記 (ラスト・フィッシュ) 
ヒットタイムは中潮の下げ7分でした。
ヒットルアーはブービーバード(プエブロ)。
2/25 猪名川釣行記 (やっとつれました、スズキさん) 
ヒットタイムは中潮の下げ5分でした。
ヒットルアーはヨレヨレ。

3/3 猪名川釣行記 (またつれました!)

ヒットタイムは長潮の上げ3分でした。
こいつもヒットルアーはヨレヨレ。

3/11 猪名川釣行記(またまたつれました)


ヒットタイムは中潮の下げ9分でした。
ヒットルアーはやはりヨレヨレ。

しかしそれでも、昨年(2010-2011)の冬季は、あまりにもボラばかりで、2,3回でそもそもつりに行くのをあきらめてしまい、結局シーズン通じて1匹も釣れなかったので、まあ、今年は良くがんばったというべきでしょうか。

今シーズンを振り返ると、いろいろと気づきがありました。

  • 流れが効いているほうが条件は良いが、そうでない場合でも釣れる。

    鏡面仕上げでもつれることがありました。
  • タイドグラフはあてになるとは限らない。

    これは、猪名川以外のポイントでもいえることですな。
  • やはり、ショートバイトが多い。

    気づかなかったり、うまくフッキングに持ち込めないだけで、 思った以上に、シーバスのバイトはあるのかもしれません。 よくよく考えると、明らかにシーバスの口周りのものと判る鱗がフックについてきたことは多いです。


  • さほど遠投は必要ない。

    このポイントでは、釣り座によって、護岸-ブレイクまでの距離が微妙に変わるので、当然立ち位置次第ですが、いずれもヒットゾーンはさほど沖ではありませんでした。

    これは、昔の調子が良かった時代から、同様です。


というわけで、これからしばらくの間、仕事も忙しくなり、きっと出撃できないことでしょう。

しかたがないので、釣具のお手入れでもして脳内フィッシングを楽しむつもりです。

2012年3月11日日曜日

3/11 猪名川釣行記(またまたつれました)

3/10深夜から3/11にかけて、またいつもの猪名川ポイントにいってきました。

達人っぽい先行者の方にご挨拶して、いつもの定位置より少し下流に陣取ります。

気温も低く、いい流れが出てきたとおもったらすぐ消えて、今日は微妙な潮でした。

干潮潮どまりでヒット


しばらくつりをしていると、流れが消えて川が鏡面仕上げになってしまい、とてもつれそうにない状態でしたが、完全に干潮かと思った2時過ぎに、待望のヒット!


2012年3月10日土曜日

3/4、3/10 連続猪名川釣行記

3/4(日)


翌日仕事なのにもかかわらず、寝る前に1匹だけ!と、いつもの猪名川ポイントにいってしまいました。

結果は、ボテボテボディーのメナダ(ボラの亜種)が1匹 + ボラ数匹・・・ズコッ。

しかも、どぶ漬けを仕上げたばかりのヨレヨレ(初出撃カラー)が殉職。

4日はこんなかんじ。

4日のタックル。ちょいとしたトラブルで、ExsenceLBSSの代打に久しぶりのツインパワー



2012年3月8日木曜日

装備品について シマノ(SHIMANO) XEFO システマティックタックルフロートジャケット VF-281I


いきなりですが、シマノ(SHIMANO) XEFO システマティックタックルフロートジャケット VF-281Iが、私が買ったときよりも、はるかに値段が安くなっています。

昨年そろえた、普段の私のウェーディング装備。
XEFOのVF-281Iを愛用しています。
ウェーダーは値段が安かった パズデザインの透湿モノ(ブレスシェード)。 


シマノのルアー用カタログでは、同VF-272Iの方が、新色追加されたりして、プッシュされているようなので、きっと製品自体の登場から年数が経ったからやすくなってるんだっぺと、VF-272Iの方もみてみたら、こっちはさらに割引率が大きくなっているではないか・・・


まあ、もう何十回も着ているので、いまさら買ったときの値段がどうなったとか、さほどきになりませんが、VF-272Iも、予備としてほしくなってきました。


双方の大きな違いは、収納力。

VF-281Iは、MEIHOのVS3010NDMが左右合計4個収納できて、さらに胸部に小物入れ、腹部にロッドホルダーがついていますが、VF-272Iは同ケースなら左右に1個ずつ。胸部小物入れは片側のみで、ロッドホルダーはつきません。

しかし、その反面、VF-272Iは相対的にコンパクトで、軽量、動きやすく、気楽に着ることができる感じです。VF-281I と比べて、長時間着用時の疲労度は大きく削減できるでしょう。

香枦園浜とか、ちょっとポイントまで歩いていかねばならないところは、VF-281Iの方がいいのでしょうが、猪名川のように、車から降りてすぐポイントって場合は、特に、パトカーに追っ払われるときの撤収がスムースにできそうなので(?)、VF-272Iの機動性は大いに魅力です。

いかんいかん、使用シーンまで妄想して、本気でほしくなってきてしまいました。




タックルについて Rapala(ラパラ) RAPINOVA-X MULTI-GAMEを巻いてみました。

Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム を、エクスセンスLBSSに巻いてみました。


150mで値段はそこそこ安い 

色は正直好みではない蛍光グリーン。なんとなく、ダサく感じます。
しかし、視認性が高いのも事実。



今まで、4ブレイドの安物PEラインは、あれこれいろいろなメーカーのものをとっかえひっかえ試してきましたが、暫定お気に入り首位はシマノパワープロ(0.8号が好み)。


2012年3月3日土曜日

3/3 猪名川釣行記 (またつれました!)

仕事を終えて帰宅して、急いでご飯を食べ終わり、車を飛ばして2日24時過ぎにいつもの猪名川藻川合流付近に到着しました。

雨後、気温高め、長潮、これは、私的には出撃しないわけにはいかない条件です。

今日もお気に入りポイント付近に先行者がいらしたので、ご挨拶して少し下流で釣り開始。


2012年3月2日金曜日

タックルについて EXSENCE LB SS C3000HGM の実釣インプレ(3)

あの日以来、しばらく釣りはやめて、普通の生活に戻ろうと心に決めていましたが、一週間もたたないうちに、釣りにいきたくていきたくてたまらなくなってきました。
自分のブログで釣ったシーバスの写真を見ながら、脳内フィッシング中。


入魂が完了した エクスセンス LB SSは、その後も毎日朝起きて、出社前、帰宅後、就寝前に、意味もなくハンドルをクルクル回しています。