2012年1月29日日曜日

1/29 猪名川再釣行記 (懲りずに夜も出撃)

今朝の釣りに納得いかず、仕事のあとでちょっと1時間半ほど、またまた出撃してきました。

場所は、朝と同じ戸の内付近。

先行者?でしょうか、車が止まっていましたが、私とほぼ入れ替わりに去っていきます。

今朝と同じ上げ潮でしたが、ポイントに到着後3-40分ほどしてから、何年ぶりかに見るくらい、すばらしい流れが出てきました。


1/29 猪名川釣行記

土曜は一日子供とあそんで、日曜は午後から休日出勤予定。

最近忙しいので、ストレス発散のためにも、ぜひ出撃したい。

金曜の夜からタイドグラフを眺めつづけ、行くならこのタイミングしかない、と心に決めて、本日早朝にいつもの猪名川藻川合流付近(戸の内)へ出撃いたしました。

(ホントは下げに行きたいけど)朝5時半から7時過ぎまでの、上げ潮の時間帯を攻めるつもりです。


2012年1月28日土曜日

次期AR-C その3 (AR-C TypeVR)

先日の記事に書いたとおり、次期AR-Cの概要をはじめて知ったのは雑誌の記事でしたが、ちょっくらフィッシングマックスに立ち寄ると、もうシマノの2012年カタログが売っていたので、つい買ってしまいました。

「ソルトウォーターロッド」のページをめくると、おお、どどーんとAR-C TypeVRのページから始まっています。

先日は投げ竿みたいと書きましたが、じっくり見てるとこれはこれで格好いい。



カタログなので、いいことばかりいろいろ書いてます。

「新世代弾道理論」「すべては飛距離のために」

なんといっても目立つのが、でっかい文字で「従来モデルより飛距離+10%UP」と書いているではないか!

04年の AR-C1006と、AR-C VRS1000M(3.05m、プラグ10-40g、PEMAX2号)のロッドで、ステラ4000Sを使って、キャスターA、Bの二人の投げ比べ結果(「上位飛距離平均」だそうな)が載っています。

確かに、数値を見ると、キャスターB(79.3m→82.9m)はそんなに大差ないものの、キャスターA(70.8m→79.7m)は余裕で10%超えです。


私の AR-Cはもう古いのか?10%もおいていかれるのか?

自分の愛車がマイチェン、フェイスリフトされて「前期型」と呼ばれ始めた時の感覚にも似た、複雑な心境です。


まあ、こんな宣伝文句はあてにならないのでしょうが、堂々と10%UPと書かれると、気になってしまいます。

さらに、効果があるのかないのか長年使っていまだによくわからない「バランサーウェイト」も継続するようで、旧AR-Cシリーズ付属のウェイトであるCOEMシリーズが使えるかのような記載の一覧表がついてます。


で、結局いくらなんだ?と、スペック表を見直しても、やっぱり本体価格は未定とあります。

写真を見る限りは、きっと高いんでしょうね・・・



2012年1月23日月曜日

Vanquish(ヴァンキッシュ)

昨日買った雑誌では、AR-C TypeVRの記事に気をとられて、ほかの記事を読んでなかったのですが、ぱらぱらめくっていると、なんと、シマノが新機軸のリールを出すと書いてました。

名前はVanquish。征服する・克服すると言う意味です。

007ダイ・アナザー・デイのボンドカー(アストン)を思い出す名前ですが、どうやらシマノ独特のあの巻き心地とは別路線の、ダイワが得意とするようなローター回転の軽い立ち上がりの巻き心地路線をねらうようです。

残念ながら、こいつは旧型ツインパワーどす。
散々酷使しすぎて、ゴロゴロ言ってますが、まだ入院(メーカーメンテナンス)していません。


しっとり感はあり滑らかだが、立ち上がり重め→それを『克服』→軽い巻き心地方面もシェアをとりにいく→『征服』ってことでしょうか?なかなか野望を感じさせるネーミングです。


まあ、ポリシーなくシマノ派(昔はずっとダイワ派でしたが・・・)の私としては、そういう薀蓄を見せられるとそれはそれで、興味を持ってしまいます。


いいじゃないか。一体いくらなんだ?・・・シマノの予告広告ページを見てみると、なななんと5万~5万5千円!!

ビンボーなので、やはり、巻き心地などはどうでもよいです・・・


2012年1月22日日曜日

次期AR-C その2

昨日も仕事で午前様、今日はあまりにも疲れて、出撃する体力もありません。

ということで、子供とお風呂に入る前のちょっとの間に、車を飛ばしてエサイチへ。

小物を物色し、エクスセンスのTuned AR-C902MLと同906Mを手にとってみて、「やっぱええのお」とため息ついて(もちろん、買えません)、小物を買ってからレジに進む前にちょこっと雑誌チェック。



雑誌SALT WATERをちょっと手にとって読んでみると、なんと先日妄想記事を書いていた次期AR-Cの話が載っているではないか!

というわけで、小物と一緒に、その雑誌を買ってしまいました。


次期AR-Cの名前はAR-C Type VRというそうです。

長々と説明が書いていますが、まずは写真で見る外観に驚きました。

現行AR-Cも、出たときはその見た目に「ギョッ」とされられましたが、VRは本当に投げ竿のようです。

そして、価格と自重が「未定」扱いのスペック表。

最短のS808Mでも適正ルアー重量はプラグで10~35g。現行AR-C 806やAR-C 906より、適正ウェイト最小値がでかい。これでは、ちびっこルアーをよく投げるちまちました私の釣りでは使えそうにありません。

そのうち、Type-VR Light とか出てくるのでしょうか?

むむむ・・・



2012年1月21日土曜日

1/20 猪名川釣行記

今日も、あきまへんでした。

よく考えると、今年に入ってスズキを1匹も釣っていないのでは?!

猪名川が悪いのか、私のウデが悪いのか、このまま行くと、月間ノーフィッシュ間違いなし。

サイレントアサシン99Fについてきた巨大ウロコ。
色からして明らかにコイのものですな。どれだけでかいんだ!
はずすのが大変でした。
ちなみに、昨日も金曜の夜にもかかわらず、パトカーとバイクの見回りが非常に多かったです。

つれないし、釣りしにくいし、遠いけど、また西宮方面の釣行に戻るべきか・・・・

本日のタックル。遠投用に、AR-C906と08ツインパワーC3000、ラインはパワープロ1号。

ちなみに昨日は購入したばかりの邪道/ニーサンとシマノ/サイレントアサシン99Fをなげてみましたが、どちらも非常によく飛ぶルアーでした。サイレントアサシンは広告に偽りなし。

それより驚いたのは、ニーサンが意外と大健闘、目測ではサイレントアサシンと同じくらい飛んでます。引き抵抗も少なめで、流れも感じやすそう。昨日は海水面が低い状態での釣りで、少々使いづらかったですが、これは、想像以上にすばらしいルアーかも知れません。


本日のルアー。

あと、釣りの途中でふと気づきましたが、対岸に昨年から停泊していたクレーン船がいつの間にかいなくなってました。

そして、必死にロッドを振る私は、後ろからずっとヌーさん(ヌートリア)に監視されていたようです。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Game AR-C 906
リール:シマノ/'08ツインパワー C3000
ライン:シマノ/パワープロ 1.0号


2012年1月20日金曜日

出撃予告2

今日は仕事を早く終えて、22:30に帰宅。

普段ではありえない帰宅時刻の早さに、帰るなり嫁さんから、怪訝な顔をされます。

「ああ、明日も仕事だから、明日はつりには行かないよ。」

文字通り、明日ではなく、今日出撃するつもりなのです。

先日購入して今週ちまちま漬け込んだ、サイレントアサシンAR-Cの飛距離を試す時が来ました。

ロッドはAR-Cで出撃するつもり。ぐふふふふ・・・・

どぶ漬け完了


先日購入したサイレントアサシンAR-Cとニーサンを、平日のうちにチマチマとどぶ漬けしました。

せこくうすめ液で増幅したセルロースセメントで、つけては乾かしを繰り返し、二重にコーティング完了、まあ、満足いく仕上がりです。

2012年1月19日木曜日

プチ散財

先週の休みに、猪名川釣行で朝帰り?したあとで、子供に新幹線を見せるために、摂津にある鳥飼車両基地へ行ってきました。

もちろん、家族サービスを装って、自宅(豊中)への帰路にフィッシングエイト2があることは計算済みです。

「お、めずらしい釣具屋がある!」と、たまたま発見したかのように、帰りにエイト2にちょこっと寄り道。家族には申し訳ないが、隣のユニクロでお買い物してまっててもらいます。

シマノ サイレントアサシン 99F AR-C


2012年1月17日火曜日

恐怖の火の玉

それは、昨年の秋ごろの話、夜中にいつもの香枦園浜にウェーディングして、一人魚釣りをしていたら、偶然にも火の玉をみてしまったのです。

作り話ではなく、本当にです。

泣く子も黙る丑三つ時、いつものポイントからむかって西側に広がる砂浜に、2つのオレンジ色の光が見えたのです。

「うわっ!えらいもん見てしまった!」と思いましたが、見間違いかも知れないと、目をこすってもう一度見てみます。

そのうち、その2つの火の玉が、ゆらゆらゆれ始めました。こりゃあ、まちがいなく本物です。

しかも、その2つの火の玉が、結構な速さでくるくるまわりはじめるではないですか!

ぐおおお、すごすぎる、おそろしすぎる、なんだあれは!!!

しかし、微妙に距離があるので、なんだか怖くなくなってきました。それにしても、一箇所できれいにくるくる回っているだけで、その後の恐ろしい展開はありません。むむむ、おかしいぞ・・・

よくよく目を凝らして見てみると、どうやら誰かがジャグリングの練習をしていたようです。ズコッ。

・・・というどうでもいい話を、たまたま先ほど思い出しました。


2012年1月15日日曜日

1/15 猪名川釣行記 (再チャレンジ)

昨日の記事で立ち直れないといっていたものの、中潮の下げ、ほぼ昨日と同じ条件で、今日もまた行ってしまいました。

昨日までの反省を踏まえ、下げ潮では流芯まで遠投がきくよう、GAME AR-C1006Lに、ちょっとやそっとでは切れないパワープロ1号、5号のリーダーをつけて、再挑戦です。

ところが、到着する前に、釣り場で打ち合わせする警官2名を発見。休日の夜だから、また路駐をとりしまっているようです。

暫く時間をつぶしてからポイントにエントリー。しかし、15分もしないうちにミニパトがやってきて、追い払われてしまいました。

昨日の写真。

ここは数年前まではよく釣れたポイントですが、メディアで紹介されてから、この時期になると連日釣り人が訪れ、昼間でもシーバス釣りの車が何台も川沿いに路上駐車していました。

そして、昔はよくトラブルがあったと聞きます。路上駐車していた釣り人の車がめちゃめちゃにされた話も何度か聞いたことがあります。

ちょっと離れたところに車を置いて、再度ポイント入りしますが、その後も20分置きにパトカー、バイクで警官がぐるぐる見回っていました。犯罪を未然に防止するという観点で、寒い中見回りされるのは大変ご苦労様な話で、少々申し訳ない気分です。今日はなんだかんだと10回以上、警官をみました・・・

離れた車が心配で、あまり集中してつりをすることができず、また、到着時点から周りでは何人かのキャスト音が聞こえていたので、そこそこ叩かれたあとだったようで、結局今日も釣果は得られず。

komomo110Fで、でっかいボラを1匹掛けてしまったあと、流れが止まったので、それをもって終了としました。

まあ、こいつがよく引いてくれたので、魚とのひっぱりっこは楽しめましたが・・・

ここ数年、(昨年末は1匹つれましたが、)このポイント周辺であまり釣れた記憶がありません。

きっと連日釣り人に叩かれまくるプレッシャーで、魚もスレてしまってるのかも。

真冬にできる別の釣りを探すか、新たなポイントを開拓せねばなりませんな、コリャ・・・

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Game AR-C 1006L
リール:シマノ/'08ツインパワー C3000
ライン:シマノ/パワープロ 1.0号


2012年1月14日土曜日

1/14 猪名川釣行記(またやってしまった)

中潮の下げ、正面からの風、よさげでしたが、つれる魚はすべてぼらぼら ぼら  ぼら  ぼら ・・・・


2012年1月13日金曜日

出撃できるか?

普段よりは早いものの、今日も仕事で遅くなってしまい、今夜は中潮、これからがいい時間帯だと、帰りの電車で知りました。

今、急いで晩御飯を食べようとしているところ。果たして、このあと出撃できるか・・・・

2012年1月12日木曜日

東京湾シーバスフィッシング


今日は打ち合わせの為東京出張中。

泊まった品川シーサイドのホテルの窓の外は東京ベイエリア。

シーバスのストック量では国内最高ではといわれる東京ベイエリア、いちどはチャレンジしてみたいと思いつつも、大都会の夜釣りでは水死体とか釣ってしまったらどうしようと、やっぱり恐ろしいので
やめときます。

ナイトゲームはいつものポイントでいいや。

2012年1月11日水曜日

タックルについて 次期AR-C?


最近雑誌やWebで、しばしば次期AR-Cの話題を目にします。

先日もこのブログで書きましたが、AR−Cシリーズは古い竿ですが、いまだに大変魅力的なロッドです。

しかし、806でも185gというあの重たさは今の時代にはちと苦しい。

また、ナイロンラインメインの時代のあのノーマルガイドも、pe細糸全盛期の今となっては、トラブルのもと。

もし次期バージョンがでるなら、是非この2点は改善して欲しいところです。

あと、お金が苦しいので、廉価版のGAMEシリーズは是非とも出してほしい。

2012年1月10日火曜日

1/9 猪名川釣行記

今日も、つれまへんでした。どうもいかんです。大潮の下げ、流れも効いていて最高の雰囲気の中、つれたさかな9匹すべてボラ。

ファイトし過ぎて汗かいてしまいました。ズコッ。

【本日のタックル】

ロッド: ディアルーナS809LST 
リール:ツインパワーC3000S
ライン:FireLineEXT0.8号

2012年1月8日日曜日

1/8 猪名川釣行記

先日の記事で、寝坊して行きそびれてしまった猪名川へ。

今日は、大潮。深夜からの上げ潮を狙います。

ポイントにつくと、3人ほど先行者。

2012年1月7日土曜日

出撃失敗

寝坊して、目覚めたら、5時半を過ぎていました。

というわけで、出撃は延期・・・・


出撃予告

今日、無事おきることができたら、朝マヅメを狙って猪名川に出撃します。

買ったばかりのディアルーナS900Lと、ドブ漬け完了したブービーバードを使うつもりです。

ドブ漬けの結果、美しく仕上がりました。
ハーフミラー何とかカラー(上段)は、わざとフックサイズを ST46#8にさげて、よりシャローをバタバタ動くようにしています。

2012年1月5日木曜日

やはり竿がほしい

というわけで、先日の記事では、リールがほしくてたまらないと言っていましたが、冷静に考えると、やはり今の私に必要なのは新しいロッドであると悟り、ディアルーナS900L中古品を購入。

普段よく使っているディアルーナS809LSTと、いまいち違いがわかりにくいチョイスになりましたが、個人的には、あまり張りがありすぎず、適度にしなってくれるダルさも持ちつつ、12-14センチクラスのミノーをフルキャストできて、河川のダウンでもインフォメーションをロスしないよう若干ティップがS809LSTより固め、かつ片手で操作可能な軽さの竿を探していました。


やはり昔やっていた磯釣りの影響か、竿はしなってくれるほうが安心できます。



本当はイメージする竿として、エクスセンスのTuned AR-C S902MLか、同エクスセンスのS900ML/RS Flex Performanceがほしかったのですが、大人の事情で、比較的カタログスペックがちかくて値段のやすいディアルーナのS900Lにしました。


年末の釣行で、猪名川でS809LSTを使って、「もうちょっとここをこうしたい」と感じた点を、きっと満たしてくれるであろうと期待しています。



次はいつ行けるかわかりませんが、早速、今年の猪名川釣行で使って、またインプレ記事でも書いてみようと思います。

これは、S809LST。

2012年1月4日水曜日

ルアーについて プエブロ/ブービーバード

年末の釣行で使ってみて、いきなりシーバスをヒットさせ、非常に好印象だったものの、年始の釣行で即殉職してしまったブービーバード。

リップ形状からは想像つかないですが、猪名川で潮位が動く時間帯で、かつダウンクロスでも、引き抵抗が適度に軽く、もぐり過ぎないところが気に入りました。

固定重心ですが、飛距離もなかなか。ちょうどよいサイズと引き心地で、ディアルーナ(S809LST)でもAR-C(806、906、1006L)いずれの竿でも、コントロールしやすく感じました。これは、いつもの浜でも使えそうです。

2012年1月3日火曜日

1/1、1/3 猪名川釣行記

あけましておめでとうございます。

さて、今年も新年早々から、つりに行ってしまいました。

まずは1日。
'08 ツインパワーC3000とGAME AR-C906

元旦から早起き。仕事では決してできないのに、魚釣りなら朝4時起床も苦にはなりません。

先日の成功体験に倣って、今回はAR-C906でひたすらブービーバードを投げ続けました。

昨年から、なにやらクレーン船?が停泊中???
雰囲気は微妙・・・ま、確実にボラはいますね。

結果はボラ2匹。いつもの香枦園浜のボラもくさいけど、猪名川のボラはさらに格段くさいです。


結果が出なかった初釣りはなかったことにして、つづけて、1/3早朝にも出撃。


上段:'05ツインパワーC3000とGAME AR-C 806
下段:'08ツインパワーC3000とGAME AR-C S1006L

この日も、性懲りもなくブービーバードを投げたおします。

先日、とあるルアー釣り雑誌の辺見哲也の記事で、ロングキャスト用の竿としてAR-Cが登場していたので、久しぶりに投げたくなって1/1はひたすら906を使って投げましたが、ちょっと感覚が合わなくて、今日は806と1006Lの2本持ちで出撃。

しかし、ここでAR-Cによくあるトラブルが久しぶりに起きてしまいます。
そう、投げ損じてラインがガイドに絡まって、ぶちっとちぎれてしまうあの現象です。

ブービーバードが遠くに羽ばたいていってしまいました。年始早々の殉職・・・ズコッ。

しかも、釣果はボラを何回か掛けちゃっただけ・・・年始早々縁起がよくてたまらない・・・・



【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Game AR-C 806、906、1006L
リール:シマノ/'08ツインパワー C3000、C3000S
ライン:シマノ/パワープロ 1.0号