2011年11月30日水曜日

11/30 西宮&猪名川釣行記

今日30日はわけあって休暇ということで、またいつもの場所に来てしまいました。

なんだかんだいって25:00すぎに到着になってしまいました。すでに下げ5分、海の雰囲気は、まるっきしだめな感じです。

満足できず、朝まではしごしてしまいました・・・
せっかく持参したタモも出撃機会はなし。

しばらくして、平日なのに珍しく釣り人に出会いました。この場所は久しぶりとのこと。ちょっとご挨拶して、私の東側に入られます。とても礼儀正しい感じのいいかたでした。

海はつるつる鏡面仕上げ。つれそうにありません。

粘ること1時間くらい?Komomo110Fのチャートバックパールに、35センチ強くらいの小物がきます。

すぐ近くに釣り人がいたため、いつもより深めにウェーディングしていたので(普段は一人なので、実は夜の海が怖くてあまり深く立ちこみません)、取り込みにもたつきます。

ちびっこで元気がいいので、フィッシュグリップがなかなか入りませんでしたが、なんとか水上でうまくリリース。写真もとりませんでした。

ウェーディング時の、海の真ん中での取り込みと写真撮影方法の確立は、今後の要検討課題だな・・・

しかしその後、4時過ぎまで粘りますが、結局ちびっこ1匹で終わり。

ちょっと寒くなってきたので、久しぶりに様子でも見に行ってみるっぺかと、猪名川ポイントへ向かいます。


相変わらずさかなの気配はむんむん。ただし、ボラ、コイ、フナ・・・

明るくなるまでの1時間限定!と思って頑張ってみましたが、1回ボラらしき魚が引っかかっただけ。

しかし、今日は猪名川ポイントで意外な発見をしたので、また今度レポート記事でも書いてみます。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Game AR-C 906
リール:シマノ/'08ツインパワー C3000
ライン:シマノ/パワープロ 1.0号




2011年11月27日日曜日

装備品について シマノ ライトプライヤーRH CT-072J

いまメインで使用しているのは、ラパラのスチール製プライヤー

使い勝手はよかったのですが、もう8年ほど使っているので、開きも悪くなってきたし、ラインカットも苦しい、そろそろプライヤーを買い換えようかと考えていますが、なかなか購入までいたりません。

でも、今年の春に、予備用のプライヤーとして、こいつを買ってしまいました。
シマノのライトプライヤーRH CT-072J


軽くてコンパクト。ラインカッターはナイロン用だとカタログではいってるけど、PEでも切れてます。

支点からノーズ先端までの距離が短くて、先端が細い分、スプリットリングオープナーとしての使い勝手もよいです。

また、付属の専用シースケースが、男心をくすぐります。 と、いいことばかりのようですが、ひとつ困ったことが・・・

先日の釣行で、魚とのファイト中に、ばねをどっかに吹き飛ばしてなくしてしまいました。

ばねがなければ、ハサミのように閉じっぱなし。しかも、専用ケースに収めても、ノーズが閉じたままだとスカスカで、収まりが悪く、落っことしてしまいそうです。

もうひとつ買うのももったいないので、ホースセンターにちょうどよいばねがないかと探しましたが、結局見つからず、しゃーないなとあきらめかけていましたが・・・


突然、ひらめきました。そうだ!スピナーベイトのフレームを使えば、ちょうどいいのでは?!



やってみたら、想像通り、なくしたばねの替わりができました。

ちょっと開きが少ないけど、これで、快適に使えそうです。

ばねをなくした方は、ぜひお試しあれ。






2011年11月25日金曜日

もうすぐ1000PV

右も左もわからぬままに、お試しでブログをはじめてもう3ヶ月。文才もなく、つりの内容もちまちまと面白くない釣行記ばかり(ほとんど釣りする場所は一箇所ですし・・・)ですが、それでもこんなに見てくださる方がいらっしゃることに感謝しています。





2011年11月23日水曜日

やはりどぶ漬けだ

例年この時期は、仕事上やらねばならぬことがあり、暫くの間、外出を我慢せねばなりません。

先日の記事のとおり、おそらく今年最後であろう大釣りをさせてもらえたし、車検入院中の代車がイケてないオッサンセダンで、車で出かける気分にならないから、まあいいか・・・

と、部屋にこもって、オシゴトをするつもりでしたが、こんなのを買ってきてしまって、


こんな状態にしてしまいました・・・・


とりあえず先発部隊から漬け始めましたが、ima(komomo)率高し。
95、110、125、130と揃ってます。今度は145サイズが出る(もう出た?)とか。


この前の記事で書いていた「ぬりぬり」ではなく、本当のルアーどぶ漬けに初挑戦。

きれいな仕上がりに満足し、本来やるべきだったオシゴトするのを忘れてしまいました・・・・





2011年11月20日日曜日

11/19 西宮釣行記 後編(今日はすごい!)

11/19とかいてますが、昨日の記事のとおり、いつもの場所ではなかなかお目にかかれない今年初のサイズを釣り上げ、上げ潮も狙ってみようと、ついついそのまま11/20まで粘ってしまいました。


その後も魚の気配が途切れることなく、ボラを2匹釣ってしまいましたが、上げに入ってからもシーバスのアタリはまだまだあります。


あわせが悪いのか、ディアルーナS809LSTがルアーとあっていないのか、何匹も掛けばらしてしまいます。

足元まで寄せてきてばらしや、そもそも足元でヒットなんてのもありました。

苦戦しましたが、日付が変わって以降、コモモ軍団で以下のとおりスズキサイズを連発しました。



11/19 西宮釣行記 前編(またまたでた!久しぶりの大物!)

先週あまりにも仕事が忙しく、毎日午前様。まあ、普段からその日のうちに帰ることは少ないですが、今週は特別忙しかったです。

それで、金曜の夜(土曜の早朝)は疲れすぎていつものように釣りに行く元気もなく、家で録画した「釣りロマンを求めて」を見たところ、河川でシーバスやってるじゃないですか!これに触発され、我慢しきれず19日の19時過ぎにまたまたいつもの場所にきてしまいました。


小雨で小潮の下げ、きっと先行者がいるだろうと思いきや、今日は誰もつりしてません。ラッキー。


2011年11月15日火曜日

タックルについて XEFO トリプルフックケース のインプレ



私のお気に入りのフックは、最近定価が値上げされてしまった、オーナー(OWNER) カルティバスティンガートリプル ST-46か、がまかつのバーブレスフック(名前忘れました)です。




最近、もっぱらメインで使うルアーが私にとっては高額商品であるima軍団に偏りがちであったため、ルアーのアクションやバランスそのものよりも、根がかり時の回収率向上を最優先事項として、ST46の8から10サイズを多用しています。







値上げによって今後どんな針に乗り換えるかは別途検討するとして、今日は、これらの針を釣り場に持っていくために購入した、シマノ(SHIMANO) XEFO トリプルフックケース CS-245I ブラック 724472のインプレ記事です。

概観。シックな装い?です。
ふたは、片手でワンプッシュすればぱかっとオープンしますので、ウェーディング時にも使いやすく重宝します。

あけてみたところ。トリプルフックなら3列分、ホールドするためのスリットが設けられています。
メイホウのフックケースよりスリット数が少ないですが、現場に持ち込むには充分と思います。

拡大したところ。主に8番、10番サイズを入れていますが、針と針の間にゆとりはありません。
4番とか2番とかなら、3列並べるのは厳しいかも?・・・
一応、簡易防水仕様のため、ふたの縁には白色のパッキンが見えます。
雨の釣行でも特に問題(水の浸入)はなかったです。
概観その2。ポケットでもかさばらず、片手で持ちやすいサイズです。
当然、収納力では左上に見えるメイホウのケースのほうが上です。
(値段もだいぶ安いですし・・・)


まあ、値段は正直ちょっと高めですが、なかなか無くすものでもないし、使い勝手も思ったよりよくて、釣り場で針交換をよくする人なら、買って損はないと思います。






必需品というより、あくまで趣味のモノですが、当然、私個人的には買ってとてもよかったと考えています。




2011年11月13日日曜日

11/13 西宮釣行記 (80アップGET!)

13日釣行記と書いていますが、いつもの場所でいつものように、『つれないから帰れない』という理由で、下げ4分(12日22時ごろ)からエントリーしたのに、上げ7分まで粘ってしまいました・・・

スマホで撮影したので暗く見えますが、ほぼ朝です。


12日分の釣果は、12日の釣行記のとおり、チーバス1匹。



11/12 西宮釣行記(70アップではなく17アップ?)

今日も、つれまへん。どうもいかんです。先日購入したima/P-ce100に、70アップならぬ17アップがきたのみ。ガクッ。




2011年11月6日日曜日

11/5 西宮釣行記 (久しぶりに・・・)

またいつもと同じ場所に来てしまいました。


今日は小潮から長潮への潮周り。
小雨も降ってて、雰囲気はよさげでしたが、到着早々10分で、なぜか今日はだめだと悟ります。


2011年11月3日木曜日

ルアーについて 邪道ごっつあんミノー89F のインプレ

最近の新人君たち。ima率高し。
先日の記事は、スマートフォンから投稿したので、めんどうくさくて短文になってしまいましたが、実は当日は新人君たちのデビュー戦の日でもありました。


私は最近異様にima依存度が高まっていますが、当日初戦を飾った写真のみなさんの中でも、ごっつあんミノー89Fは予想を上回る良さでした。



2011年11月2日水曜日

タックルについて シマノAR-Cシリーズ再考

今年のばち抜けシーズン以降、殆んどの釣行でディアルーナS809LST をメインロッドとして使い続けてきましたが、先日の釣行(10月30日 西宮釣行記)では、久しぶりにAR-Cで出撃しました。


ここ数年、シーバス釣りで主に使用していたのは、AR-C 1006L とAR-C 906(Lじゃないやつ)の2本。


AR-C 806はもってはいましたが、いまいち利用シーンが思いつかず、極端に出撃頻度は低かったのですが、今回久しぶりに長時間使ってみて、あたらためて思うところがあったので、他に私が持っているAR-Cシリーズと合わせて、インプレを書きます。

あらためて見直した!